統率・束縛理論とは?

公認日本語教師の試験対策

統率・束縛理論(GB理論 government binding theory)とは、チョムスキーが唱えた文法理論で、後に原理とパラメータの理論と呼ばれるようになりました。言語能力を、普遍的な「原理」と値の変動する「パラメータ」から成る体系としてとらえようとしたものです。

タイトルとURLをコピーしました