学習可能性理論とは?

公認日本語教師の試験対策

学習可能性理論(learnability theory)とは、ピーネマンが唱えた理論で、学習者は学習の準備ができたときにのみ学習が可能であり、準備ができていない段階の項目の習得には至らないとする理論。教える側からの視点では、教授可能性の仮説といいます。

タイトルとURLをコピーしました