助数詞の読み方の法則【日本人も知らない】

公認日本語教師の試験対策

「一のノラネコが仲間になりたそうにこちらを見ている」の「匹」が助数詞です。

助数詞と数詞の読み方のルールを説明します。

スポンサーリンク

助数詞の意味

助数詞とは、接尾語の一つ。数を表す語に添えて、どのような事物の数量であるかを示す語。(スーパー大辞林3.0より)

助数詞の一覧

日本語には助数詞が数え切れないほどありますので

学習者も日本語教師もワクワクします。

「年」「月」「個」「毎」「皿」「月」「冊」「人」「組」「杯」「匹」「頭」「着」などなど。

スポンサーリンク

助数詞の読み方のルール

助数詞には、音読み(漢語)と訓読み(和語)があります。

助数詞が音読みなら基数詞も音読み、

助数詞が訓読みなら基数詞も訓読み、

というのが原則です。

助数詞が音読み→数詞も音読み

助数詞が訓読み→数詞も訓読み

なお、数詞の音読みと訓読みの違いは以下のとおりです。

数詞の音読み

いち、に、さん、し、ご、ろく、しち、はち、きゅう(く)、じゅう

数詞の訓読み

ひ、ふ、み、よ、いつ、む、なな、や、ここ、と

音読みの助数詞の一覧

月(がつ) →いちがつ、にがつ、さんがつ、しがつ

枚(まい)→いちまい、にまい、さんまい、

訓読みの助数詞の一覧

月(つき)→ひとつき、ふたつき、みつき、よつき

皿(さら)→ひとさら、ふたさら、みさら

助数詞の読み方の法則の例外

助数詞の読み方の法則は

例外がたくさんあるので

学習者も日本語教師もドキドキします。

以下は例外の一部です。

助数詞が音読みの場合でも四は「し」と読まず「よん」と読み、七は「なな」と読むことが多い

助数詞の読み方の例1)

四枚・七枚(よんまい・ななまい)、四組・七組(よんくみ・ななくみ)、四匹・七匹(よんひき・ななひき)

晩(ばん)は音読みだけど、数詞は訓読み

助数詞の読み方の例2)

ひとばん、ふたばん

羽(わ)は訓読みだけど、数詞は音読み

助数詞の読み方の例3)

いちわ、にわ、さんわ

年(ねん)は音読みだけど、四年は訓読みになる

助数詞の読み方の例4)

いちねん、にねん、さんねん、しねん☓→よねん、ごねん、ろくねん、ななねん、はちねん、きゅうねん、じゅうねん

スポンサーリンク

関連する日本語教育能力検定試験の過去問

平成28年度日本語教育能力検定試験Ⅰ問題1(2)【「〜年(ねん)・〜月(がつ)」を付けた場合の読み方】

created by Rinker
¥2,840(2021/05/14 05:49:28時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました