CEFRとは?

公認日本語教師の試験対策

CEFRとは、国や言語の垣根を越えて、言語の習得レベルを測るための共通のものさし(フレームワーム)です。

CEFRは、ヨーロッパ言語共通参照枠(Common European Framework of Reference for Languages)の頭字語です。

読み方は、セファール

セフアールと読む人もいます。

1993年にEU(欧州連合)が発足し、ヨーロッパ内での人の移動が容易になりました。

ヨーロッパの国々を旅行するとき、パスポートも見せずに、あっさりと国境を超えられることに驚いた人も多いと思います。

EUが1つの国みたいですね。

ですが、言葉がたくさんあります。

ドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語、オランダ語…

色々な言語を色々な人が色々なレベルで話します。

国によって、言語によって、レベルの決め方が違うと混乱してしまいます。

そこでCEFRができました。

CEFRを使えば以下のようなことができます。

①すべての言語を共通したフレームワークで判断できる。

②同じ人物の異なる言語の言語能力を比較できる。

③講師だけでなく、学習者自身も判断できる。

CEFRは、行動中心アプローチ(行動中心主義)に基づいています。

「その言語を使って何がどのぐらいできるか」

いわゆる Can-do の考え方です。

例えば

C2の聞くこと全般では

母語話者にかなり速いスピードで話されても、生であれ、放送であれ、どんな種類の話し言葉も難無く理解できる。

というCan doがあります。

CEFRのレベルは下から、A1,A2,B1,B2,C1,C2の6段階に分かれています。

A:基礎段階の言語使用者

A1:入門(超初級)、A2:初級

B:自立した言語使用者

B1:中級、B2:中上級

C:熟達した言語使用者

C1:上級、C2:超上級(母語話者レベル)

詳しくはJFスタンダードのウェブサイトを参照

タイトルとURLをコピーしました