現代日本語文法⑥第11部複文第6章【目的節】第7章【様態節】第8章【等位節・並列節】を分かりやすく解説 

現代日本語文法は日本語の文法を網羅した本としては最高の本です。

だから皆さんに読んでほしい!

ですが難しすぎて挫折する人ばかりでした。

そこでこのブログでは初めて勉強する人でも現代日本語文法が読めるように

できるだけ日常的な言葉を使って分かりやすさを優先した解説をしています。

現代日本語文法をお持ちでない方はまず下記リンクから購入して次にお進みください。

created by Rinker
¥3,080(2022/09/30 09:31:51時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

ハマが解説した講義動画はここからダウンロードして見ることができます。

スポンサーリンク

本日の問題

【 】内に示した観点から見て、他と性質の異なるものを1つ選べ。

(25)【「ために」の用法】p127,p233~

1 電車が脱線したために、ダイヤが乱れた。

2 試験があるために、子どもたちの自由時間が奪われる。

3 体重が重いために、心臓に負担がかかっている。

4 病気を治すために、毎日かかさず薬を飲んでいる。

5 事故のために、電車が遅れた。

スポンサーリンク

第6章目的節 第1節【目的節とは】

p233~

目的節とは、主節の動作を行う目的あるいは主節の状態が存在する目的を表す従属節

目的節に過去形はない

目的節を表す形式は「ため(に)」「よう(に)」「に」

スポンサーリンク

第6章目的節 第2節【目的節を表す形式】

1.「ため(に)」「よう(に)」「に」

p233~

「ように」:望ましい状況を目指す「ように」(意志的じゃない)

・日本語教師になれるように頑張ります。

・家が買えるように貯金しています。

「ために」:「ように」より明確な「ために」(意志的)

・日本語教師になるために頑張ります。

・家を買うために貯金しています。

「に」:移動の目的

・メイドさんを見秋葉原へ行った。

2. 主題化された目的節

p237~

「ためには」:「重要だ」「必要だ」など評価を表す述語が主節にくる。複数の出来事が多い。

・合格するためには、毎日勉強することが重要だ。

3. そのほかの目的節を表す形式

p238~

省略

スポンサーリンク

第7章様態節 第1節【様態節とは】

p239~

様態節とは、主節の事態の仕方あり方を述べて、主節の事態を修飾する従属節

様子を表す様態節②程度・限度を表す様態節③付帯状況を表す様態節の3つがある。

①ささやくように言った。

②死ぬほどがんばった。

③ラジオを聴きながら勉強している。

スポンサーリンク

第7章様態節 第2節【様態節を表す形式】

1. 様子を表す様態節

p240~

「ように」「みたいに」「ごとく」「様子で」「さまで」「ふうに」「そうに」「げに」「とおりに」「ともなく」「ともなしに」「という(の)でもなく」

・私の答案は雪が降ったみたいに真っ白だった。

2. 程度・限定を表す様態節

p245~

「ほど」「くらい(に)」「だけ」「ばかりに」「限り」

・毎日食べたいくらい好きです。

3. 付帯状況を表す様態節

p248~

「ながら」「つつ」「連用形+連用形」「まま」「テ形」「きり」「なり」「ついでに」「がてら」

「ながら」の時間の幅は主節<従属節

○泣きながらドアを開けた:ドアを開ける時間<泣く時間

?ドアを開けながら泣いた。

スポンサーリンク

第8章等位節・並列節 第1節【等位節・並列節とは】

1. 等位節・並列節の規定

p253~

等位節とは、主節に対して従属度が低く、対等に近い関係をもつ節

「けれど」「が」「し」「テ形・連用形」「のに対し(て)」「一方(で)」「反面」「うえ(に)」「だけでなく」「ばかりか」「ほか(に)(は)」

並列節とは、主節以外のほかの節と対等の関係で並べられた節

「〜たり〜たり」「〜か〜か」「〜とか〜とか」「〜なり〜なり」「(〜も)〜ば(〜も)〜」「〜にしろ〜にしろ」「〜やら〜やら」「〜わ〜わ」「〜する〜する」「〜だの〜だの」

2. 等位節の従属度

p255~

等位節の従属度は低く、主節に近い特徴を持つ。

3. 等位節・並列節と名詞の並列

p256~

「〜たり〜たり」≒「〜や〜や」

「〜し〜し」≒「〜に〜に」

スポンサーリンク

第8章等位節・並列節 第2節【等位節】

1.「けれど」「が」

p258~

「けれど」「が」は主節と対立する内容の等位節に使われる。

①対比②逆接③譲歩④前置きの用法がある。

①昔は犬が好きだった、今は猫が好きだ。

②聞いてみた、返事はなかった。

③値段は高いけれど、おいしい店です。

④あそこに白いビルがあります、あれは何ですか。

2.「し」

p262~

本で

3. テ形・連用形

p266~

本で

4. そのほかの等位節

p267~

省略

スポンサーリンク

第8章等位節・並列節 第3節【並列節】

1.「たり」

p273~

本で

2.「か」

p275~

本で

3. そのほかの並列節

p276~

省略

スポンサーリンク

第8章等位節・並列節 第4節【テ形・連用形による接続】

1. テ形・連用形の汎用性

p279~

本で

2. テ形・連用形の用法

p280~

本で

3. そのほかの問題

p287~

「なくて」:原因・理由、前触れ

・雨が降らなくて、不作になった。

「ないで」:継起、付帯状況

・服を着ないで寝た。

スポンサーリンク

第8章等位節・並列節 第5節【等位節で文を言いおわる言い方】

p290~

省略

スポンサーリンク

本日の問題の答え

【 】内に示した観点から見て、他と性質の異なるものを1つ選べ。

(25)【「ために」の用法】p127,p233~

1 電車が脱線したために、ダイヤが乱れた…原因・理由

2 試験があるために、子どもたちの自由時間が奪われる…原因・理由

3 体重が重いために、心臓に負担がかかっている…原因・理由

4 病気を治すために、毎日かかさず薬を飲んでいる…目的

5 事故のために、電車が遅れた…原因・理由

4だけ目的

よって、答えは4

タイトルとURLをコピーしました