【過去問解説】令和元年度日本語教育能力検定試験Ⅲ問題4【2019】

R1試験Ⅲ
スポンサーリンク

問4の解き方

この問題は4を選んだ人も多いみたいですね。

「楽しくなくはない」が否定文「楽しくない」と肯定文「楽しい」の間にあるのは間違いありません。

問題は、否定「楽しくない」に近いのか? 肯定「楽しい」に近いのか?

「なくはない」二重否定

否定を否定していますので、肯定になります。

だから二重否定は、肯定文の意味に近いです。

「楽しい」は形容詞だからわかりにくいですね。

動詞の二重否定の方が分かりやすいと思います。

「食べなくはない」

これはどうですか? 否定文「食べません」? 肯定文「食べます」?

どっちの意味ですか?

会話をイメージした方がわかいやすいかもしれません。

朝食のテーブル、Bさんのお皿にはブロッコリーばかり残っています。それを見てAさんが聞きます。

A:ブロッコリーは食べないの?

B:食べなくはないよ。

A:そっか。

Bさんの答えはどうですか? 否定文「食べません」? 肯定文「食べます」?

Bさんはブロッコリーを食べるんですか?

「食べます」よね?

肯定です。

二重否定は肯定文の意味に近い。

よって、答えは3

タイトルとURLをコピーしました