令和2年度日本語教育能力検定試験の解説 試験Ⅰ問題1(3)

令和2年度, 日本語教育能力検定試験,解説R2試験Ⅰ

令和2年度(2020)日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ問題1(3)は【アクセント型による弁別】です。

アクセントの違いで単語の違いを判別できるかどうかということですね。

  1. かき 柿(低高) 下記/牡蠣(高低)
  2. はし 橋(低高) 箸(高低)
  3. あき 空き/飽き(低高) 秋(高低)
  4. いし 石(低高) 意思(高低)
  5. かぜ 風(低高) 風邪(低高)

5だけどちらも低高(平板型)で、アクセント型による弁別ができません。

よって、答えは5

タイトルとURLをコピーしました