令和2年度 日本語教育能力検定試験の解説 試験Ⅰ問題1(4)

令和2年度, 日本語教育能力検定試験,解説R2試験Ⅰ

令和2年度(2020年)日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ問題1(4)は【音便】です。

音便とは、発音しやすくするために元の音から変わったもの。

音便ときたら【て形】にしてください。

【て形】が【ます形】と同じときは音便化していません

例)【話して】と【話します】は【話し】が同じなので音便化していない。

  1. 書く→書て:イ音便(元は書きて)
  2. 蹴る→蹴て:促音便(元は蹴りて)
  3. 話す→話て:音便化していない
  4. 住む→住で:撥音便(元は住みて)
  5. 洗う→洗て:促音便(元は洗いて)

よって、答えは3

タイトルとURLをコピーしました