[スキーマ活性化]令和2年度 日本語教育能力検定 試験Ⅰ問題10の解説

令和2年度(2020年)日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ問題10【スキーマの活性化】の解説です。

でました。スキーマ活性化!

これも日本語教育能力検定試験の大好物ですね。

直近では令和元年度日本語教育能力検定試験Ⅲ問題6問4の選択肢1などに出てきています。

スポンサーリンク

問1 スキーマの活性化とは?

「活性化」と言えば「スキーマ」

と覚えてください。

スキーマとは、それに関連して覚えている色々なことです。

例えば、「ボクシング」という文字を読むと、

「ボクシング」に関連するイメージが脳の中にいろいろ浮かぶと思います。

それがスキーマの活性化です。

「ボクシング」に対するイメージは男ですが、次の文で「彼女」と出てくるので、イメージの修正をしなければならなくなります。そのため、「彼女」にすると読み時間が長くなります。

彼女?

あ、ボクシング選手=彼女か

このようにして1文目と2文目が結び付きます。

文と文との間に結束関係が築かれたことになります。

結束関係とは、文と文が結びついている関係のこと。

よって、答えは3

他の言葉もチェックします。

包摂関係とは、「動物」と「鳥」のように、一方が他方を含んでる関係(「鳥」は「動物」に含まれている)。

包摂関係は、問題5の問3で出てきました。

レシキームとは、形は違うけど同じ言葉と思える語のまとまり。語彙素(ごいそ)とも。例えば、「こども」と「こどもたち」は同じ語彙素としてまとめられます。

スポンサーリンク

問2 精緻化推論とは?

推論とは、文に書かれていないことを推測すること。

橋渡し推論と精緻化推論があります。

橋渡し推論とは、文(語)と文(語)を結び付けて書かれていないことを推測。まとまった文章の理解に不可欠な推論。

橋渡し推論については、平成28年度日本語教育能力検定試験Ⅰ問題9問2で聞かれています。

平成28年度の選択肢1

花瓶を落としたので弁償することになった。

「花瓶が割れた」とは書かれていませんが

「花瓶を落とした」→「弁償することになった」

という文から「花瓶が割れた」を推測。これが橋渡し推論

精緻化推論とは、文章から読み取り理解した内容を、すでにある知識と関連付けて、より理解を深めていく推論。文章を理解した後にする推論。

選択肢1

「①花瓶を落とした②弁償することになった」のような2つの文から、「花瓶が割れた」と推論して

①の文を原因

②の文を結果

と関係づけるのは橋渡し推論です。

選択肢2

理解した内容を既有知識と結びつけることで知らない言葉を推測するのは、精緻化推論です。

例えば、問題10の例文のうち「悔しがった」という言葉だけ未知語で意味がわからなかったとします。

その場合、「代表選考」「何年も厳しい練習」「耐えてきた」などの他の語から理解した内容をすでにある知識と結びつけることで、「悔しがった」というのがどんな状態なのか推測することができます。

選択肢3

選択肢4

スポンサーリンク

問3 照応とは?

照応も日本語教育能力検定試験が大好きな言葉ですね。

直近では、令和元年度日本語教育能力検定試験Ⅰ問題6の選択肢2で「前方照応」というキーワードが出てきます。

照応とは、代名詞(彼、彼女…)や指示詞(これ、それ…)を使って、他の物を指すこと。

例文でいえば、「彼女」が「そのボクシング選手」をさしているのが照応です。

よって、答えは2

選択肢1

選択肢2

選択肢3

選択肢4

スポンサーリンク

問4 メトニミーの例

来ましたね。メトニミー。

こちらも日本語教育能力検定試験の大好物でございますね。

メトニミーとは、「鍋を食べる」の「鍋」で「鍋の中身」を指すなど、近い関係にあるものでいうこと。換喩(かんゆ)とも。

メトニミーなど比喩は日本語教育能力検定試験で毎年のように出題されるので下の動画でよかったら確認してください。

【日本語教育能力検定試験の対策】比喩の種類【意味の拡張】

選択肢1

メトニミー

選択肢2

花という上位語で桜という下位語を指すのは、シネクドキ―です。

選択肢3

約束は本来破れませんが、破るのイメージで言っているので、メタファーです。

選択肢4

パンに耳はありませんが、耳のイメージで言っているので、メタファーです。

スポンサーリンク

問5 理解補償方略

日本語教育能力検定試験は大好物を何度も何度も出してくるのですが、

さすがに全く同じだと飽きるので、味付けを変えてきます。

そう。

同じことを聞いているのに微妙に用語を変えてくるのです。

方略とはストラテジーです。

方略=ストラテジー

です。

理解補償方略とは、

内容理解方略とは、

理解深化方略とは、

選択肢1

選択肢2

選択肢3

選択肢4

スポンサーリンク

YouTubeで過去問を徹底的に解説する動画

スポンサーリンク

関連する過去問

下の文字をクリックすると、解説動画か解説ブログを見ることができます。

令和元年度日本語教育能力検定試験Ⅲ問題6問4の選択肢1【スキーマの活性化】

タイトルとURLをコピーしました