令和2年度日本語教育能力検定試験の解説試験試験Ⅰ問題1(10)の解説

令和2年度, 日本語教育能力検定試験,解説R2試験Ⅰ

令和2年度(2020年)日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ問題1(10)は【肯定否定の対立】です。

日本語教育能力検定試験で「対立」が問われたら、「どちらもあるか」「どちらも言えるか」と考えてください。

選択肢を見ると全部「肯定」なので否定にしてみます。

  1. 挨拶しません
  2. 訪問しません
  3. 連絡しません
  4. 失礼しません???
  5. 面会しません

「失礼しません」という言い方は変ですね。

よって、答えは4

タイトルとURLをコピーしました