令和2年度 日本語教育能力検定 試験Ⅰ問題2(5)の解説

令和2年度日本語教育能力検定試験の解説,試験Ⅰ,問題2R2試験Ⅰ

令和2年度(2020年)日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ問題2(5)の解説です。

スポンサーリンク

解き方①例がどんな誤用か考える

「ば」も「たら」も条件です。どちらも使える時もありますが、入れ替えると変になるときもあります。

「ば」の性質とは

「ば」の後ろには、「期待する状況」がきます。

でもその「期待する状況」を実現するには何かが必要です。

「期待する状況」に必要なものを「ば」を使って表現します。

ちょうど、問題1(12)の各選択肢が「ば」を使った条件節なので見てみましょう。

  1. 「雨が止む」という「期待する状況」を実現するための条件が「明日になる」
  2. 「大丈夫」という「期待する状況」を実現するための条件が「1000円出す」
  3. 「早く着く」という「期待する状況」を実現するための条件が「タクシーに乗る」
  4. 「分かる」という「期待する状況」を実現するための条件が「この本を読む」
  5. 「迷わない」という「期待する状況」を実現するための条件が「こちらの道を行く」

では本問を見てみます。

「乗り換える」という状況です。

これは「期待する状況」でもありません。

電車マニアではないので「喜んで乗り換えたい」という気持ちはありません。

だから「ば」を使うと変になります。

「たら」を使いましょう。

「たら」の性質とは

「たら」は「動作」や「出来事」が順番に起こります。

「AたらB」

・Aが起こる→Bが起こる

例)日が暮れたら、寒くなった。

・Aが起こる→Bをする

例)5時になったら、帰ります。

・Aをする→Bが起こる

例)走ったら、お腹が空いた。

本問は「ば」→「たら」

【東京駅に着いたら、乗り換えてください】

東京駅に着く→乗り換える

これでいいですね。

スポンサーリンク

解き方②選択肢が同じ誤用か検討

各選択肢の誤用を直してみましょう。

  1. 日本に帰ったら
  2. 先生にお会いしたら
  3. 彼から荷物が届いたら
  4. お金をたくさん持っていれば

選択肢4は「持つ」の使い方が間違っています。

「お金をたくさん持つ」→「お金をたくさん持っている」

よって、答えは4

タイトルとURLをコピーしました