令和2年度 日本語教育能力検定試験の解説 試験Ⅰ問題1(5)

令和2年度, 日本語教育能力検定試験,解説R2試験Ⅰ

令和2年度(2020年)日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ問題1(5)は【音読みの種類(漢音・唐音)】です。

音読みの種類が漢音なのか唐音なのか判別する問題です。

漢音とは、奈良時代後期から平安時代はじめごろに中国から入ってきた音。たくさんある

唐音とは、平安時代中期から江戸時代末期までに中国から入ってきた音。レア

漢音と唐音が分からなくても、仲間外れを選ぶ問題なので、読み方が一番マイナーそうなものを選べば正解にたどり着けるでしょうか。

選択肢を見てみると、2の「子」の「ス」という読み方はマイナーですよね。普通は「女子」の「シ」じゃないかと。

  1.  「リョク」は漢音
  2.  「ス」は唐音
  3.  「キ」は漢音
  4. 章 「ブン」は漢音
  5. 降 「カ」は漢音

よって、答えは2

タイトルとURLをコピーしました