令和2年度 日本語教育能力検定試験の解説 試験Ⅰ問題1(6)

令和2年度, 日本語教育能力検定試験,解説R2試験Ⅰ

令和2年度(2020年)日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ問題1(6)は【異字同訓】です。

異字同訓とは、漢なるけれども読みがじもの。同訓異字とも。

例)「収める」と「納める」

この言葉を知らなくても、漢字から意味を推測しましょう。

なお、同音異字もあります。

同音異字とは、読みがじだが漢なるもの。

例)会、回、貝

選択肢それぞれの異字同訓がないか探してみましょう。

  1. 切る:着る、斬る
  2. 興る:怒る、起る
  3. 採る:取る、撮る
  4. 収める:納める、治める
  5. 届く:なし

よって、答えは5

タイトルとURLをコピーしました