【口腔断面図】令和2年度 日本語教育能力検定試験Ⅱ問題3の解説

日本語教育能力検定試験,聴解,音声,対策,解説R2試験Ⅱ

令和2年度(2020年)日本語教育能力検定試験 試験Ⅱ(聴解・音声)問題3は例年同様、発音上の問題点でした。

え?

問題2も発音上の問題点じゃないかって?

そうです。

問題2は、音をひとまとまりで考えた時の問題です。いわゆるプロソディ。今年は試験Ⅲの問題2でも問われましたね。

問題3は、単音での問題点です。

1番から3番までは口腔断面図が出てくるので、まずは口腔断面図を見て、どんな音かわかるようにしましょう。

スポンサーリンク

問題3の基礎を身につけるためにオススメの動画

不安な方へ

私のYouTubeチャンネルの中でも一番の人気動画となっている

音声記号と口腔断面図の問題の動画を見てみてください。

【日本語教育能力検定試験の対策】音声記号と口腔断面図の問題

4番から8番までは調音に関する用語が出てきます。

出てくる用語は決まっています。

下記の用語を見て意味がわかりますか

書かなくてもいいので、各用語を見ながら頭の中で考えてみてください。

スポンサーリンク

絶対出てくる必ず覚えておくべき用語

調音点調音法声帯振動唇の丸め舌の前後位置舌の高さ

スポンサーリンク

ときどき出てくる覚えておくとよい用語

⑦子音の挿入⑧子音の脱落⑨母音の付加⑩母音の脱落⑪気息の有無

スポンサーリンク

試験に出てくる各用語の意味

各用語を見て、答えが出せましたか?

それでは答え合わせをしましょう。

声帯振動とは?

声帯振動とは、声帯が振動しているか。振動していれば有声、振動していなければ無声。子音の区別に使う。

例)「ぱ」は無声、「ば」は有声

調音点とは?

調音点とは、どこで呼気を邪魔して音を出すか。子音の区別に使う。

例)「ぱ」は両唇、「た」は歯茎

調音法とは?

調音法とは、どうやって呼気を邪魔して音を出すか。子音の区別に使う。試験に最も多く登場する。一番大切な言葉

例)「ぱ」は破裂音、「ふ」は摩擦音

唇の丸めとは?

唇の丸めとは、唇を丸めるかどうか。母音の区別に使う。日本語(共通語)で、唇を丸めるのは「お」だけ。「う」を丸めるのは関西弁などの方言。

舌の前後位置とは?

舌の前後位置とは、母音の区別に使う舌の位置。「いえ」は前、「あ」は中間、「おう」は後ろ。

舌の高さとは?

舌の高さとは、上あごと舌の距離。近いと高い。遠いと低い。そのため、口を大きく開けると低くなり、あまり開けないと高くなる母音の区別に使う。「いう」は高い。「えお」は中間、「あ」は低い。

子音の挿入とは?

子音の挿入とは、ないはずの子音が入ってしまうこと。ローマ字で書くとすぐわかる。

例)「あ a」と発音すべきなのに、子音[n]が挿入されて「な na」と発音

子音の脱落とは?

子音の脱落とは、あるはずの子音が抜けること。ローマ字で書くとすぐわかる。

例)「な na」から[n]が抜けて、「あ a」と発音

母音の付加とは?

母音の付加とは、ないはずの母音が入ってしまうこと。

令和2年度までに正解例なし。選択肢のみ。

母音の脱落とは?

母音の脱落とは、あるはずの母音が抜けること。

例)「みていた miteita」を[miteit]と発音(平成28年度日本語教育能力検定試験Ⅱ問題3の8番)

気息の有無とは?

気息の有無とは、呼気を強く出すか(有気音)、弱く出すか(無気音)。日本語では区別しない。区別するのは中国語など。

令和2年度までに正解例なし。選択肢のみ。

スポンサーリンク

問題3を徹底的に対策する方法

下記の記事では問題3を徹底的に分析して対策法を書いていますので、不安な方はどうぞ。

スポンサーリンク

1番 わらし

「わたし」を「わらし」と発音しています。

「ら」の口腔断面図はa

よって、答えはa

スポンサーリンク

2番 にょうきん

「りょうきん」を「にょうきん」と発音しています。

「にょ」の口腔断面図はd

よって、答えはd

スポンサーリンク

3番 しちゅれい

「しつれい」を「しちゅれい」と発音しています。

「ちゅ」の口腔断面図はc

よって、答えはd

スポンサーリンク

4番 じぷんで

「じぶんで」を「じぷんで」と発音しています。

「ぶ」と「ぷ」の違いは声帯振動

よって、答えはc

スポンサーリンク

5番 きょうりゅう

「こうりゅう」を「きょうりゅう」と発音しています。

「こ」と「きょ」の違いは調音点

よって、答えはa

スポンサーリンク

6番 しっきん

「しゅっきん」を「しっきん」と発音しています。

「毎朝、八時に、失禁しています」

これは試験会場で失笑が漏れた問題です。

日本語教育能力検定試験はときどき下ネタに走るので乙女には辛い試験です。

過去には「江戸時代」を「エロ時代」と読んだ前科があります。

「しゅ」と「し 」の違いはローマ字で書くとわかりやすい。

「しゅ shu」

「し  shi」

[u]が[i]になっています。「う」と「い」の違いは、上に書いたように舌の前後位置

よって、答えはd

スポンサーリンク

7番 おまてぃください

「おまちください」を「おまてぃください」と発音しています。

「ち」と「てぃ」の違いは、調音点と調音法です。

よって、答えはb

スポンサーリンク

8番 くんどう

「かんどう」を「くんどう」と発音しています。

「か」と「く」の違いもローマ字を書くとわかりやすい。

「か ka」

「く ku」

[a]が[u]になっています。「あ」と「う」の違いは、上で書いたように舌の高さ

よって、答えはb

タイトルとURLをコピーしました