【会話】令和2年度 日本語教育能力検定試験Ⅱ問題4の解説

日本語教育能力検定試験,聴解,音声,対策,解説R2試験Ⅱ

令和2年度(2020年)日本語教育能力検定試験 試験Ⅱ(聴解・音声)問題4は例年通り、日本語を母語としない人の会話等を聞いて、複数の問いに答える問題でした。

問題4は例がないため、その間に選択肢を読むというテクニックが使えません。

さらに、1回しか聞けないのに、問題は2つあります。

泣きたくなります。

焦らないこと。

集中すること。

最初に説明が1分26秒あります。

例年と同じであることを確認したら

説明が流れている間に

各問題との問いと選択肢を可能な限り把握してください。

聞く前にどこまで準備ができるか。

問題4の成否をわけます。

スポンサーリンク

問題4をしっかり対策したい人へ

近年の問題を分析し、対策を検討しました。よかったら、ご覧ください。

スポンサーリンク

1番 教育実習生の授業

まず、説明文を読む

教育実習生が授業

最初に話すのは教育実習生

問1 フィードバックの方法

次に問いを読む

フィードバックの方法

選択肢を確認

a 明示的訂正

→はっきり直した

b 視覚的情報の提示

→何か示して見せた

c モデル音声の提示

→正しい音声を伝えた

d 学習者の誤用の繰り返し

→学習者の間違いを教育実習生も言った

ここまで準備ができてから聞けるのが理想

各選択肢を頭にいれながら聞く

「ううん、妹です」→a

「これを見てください」→b

「妹です、はい」→c

よって、答えはd

問2 発音指導上の問題点

問いを読む

発音指導上の問題点

選択肢を確認

a リズムを修正していない

→リズムが変なのにそのまま

b プロミネンスの指導を行っていない

→強調している部分が変なのにそのまま

c 助詞を含めた指導を行っていない

→助詞が変なのにそのまま

d 提示したアクセントが一定でない

→教師のアクセントが変

聞く

教育実習生は「妹」のアクセントだけ直しているが

「いもうと」のアクセントは尾高型

尾高型は次に助詞が来ると下がる。

「いもうとが」

「低高高高

だから、助詞と一緒にアクセントの練習をしなければいけない。

しかし教育実習生は

「いもうと」

「低高高高」

の練習しかしていないので

学習者の最後の発話は

「いもうとが」

「低高高高

になっている。

よって、答えはc

スポンサーリンク

2番 授業で留学生が発言

まず、説明文を読む

授業で留学生が話す

会話じゃなくて一人が話すパターンだろうと理解

問1 発話の音声的な特徴

問いを読む

音声的な特徴

選択肢を確認

a 不自然な複合語アクセントになっている

→複合語のアクセントが変

b 不自然な位置にポーズが挿入

→文と文の間(あいだ)に間(ま)がなかったり、変なところで止まったり

c 不自然な句末イントネーション

→疑問なのに下がったり。疑問じゃないのに上がったり

d 不自然なプロミネンス

→変なところを強調して言う

聞く

「中央公園」「ジョギングサークル」「トレーニングウェア」

のアクセントが変

いずれも複合語

「中央+公園」「ジョギング+サークル」「トレーニング+ウェア」

よって、答えはa

問2 発話の特徴

問いを見る

発話の特徴

選択肢を確認

a 接続詞を使用していない

→「しかし」「ですから」など接続詞に注意して聞く

b 前置き表現を使用していない

→「あのう、すみませんが…」「おそれいりますが…」などの前置き表現に注意して聞く

c テンス・アスペクトに誤りが見られる

→テンス(過去・現在・未来)・アスペクト(現在進行など)に注意して聞く

テンス「昨日、ラーメン食べま

アスペクト「今、掃除をします(掃除をしています)」

d 伝聞表現に誤りが見られる。

→伝聞表現に注意して聞く

伝聞表現「天気予報によると、明日は雨が降るそうです」と言うべきなのに「天気予報によると、明日は雨が降るだろう」と言ったり。

聞く

テンスの誤り

「先週…行くんですが…驚きます」×→「…行ったんですが…驚きました」

アスペクトの誤り

「走ります」×→「走っています

よって、答えはc

スポンサーリンク

3番 レジで支払う時の会話

説明文を読む

外国人がレジでお金を払う

最初に話すのは店員

問1 話し方の特徴

問いを読む

店員の話し方の特徴

選択肢を確認

a 美化語多用

→「お酒」「お飲み物」「ご住所」など

b マニュアル敬語

→「1000円からお預かりします」「こちら商品になります」などのいわゆるバイト敬語

c 二重敬語多用

→「お使いになられますか」※「お~になる」+「られる」という二つの敬語

d

よって、答えはb

問2 意思疎通がうまくいかなかった理由

問いを読む

意思疎通がうまくいかなかった理由

選択肢を確認

a 両義的な表現

→「あたためてもよろしいですか?」「あ、大丈夫です」

この「だいじょうぶです」は「Yes(あたためても大丈夫です)」なのか「No(あたためなくてだいじょうぶです)」なのかわからない。

このようにどちらの意味にもとれる表現が両義的な表現

b 否定を肯定と理解

→「こちらお一つどうぞ」「あ、いえ、私はいらないです(と言いつつ、欲しそうな顔)」「いえいえ、遠慮なさらずどうぞ」

このように「いらない」と否定したけれども、本当は欲しいに違いない肯定だろうと理解。

c 動作主を聞き誤った

「私、昨日、京都に行ったんです」「え、私、行ってないですよ」「あ、いえ、私がいったんです」「ああ、そうですか、すみません」のように動作主が誰かを聞き間違える。

d 言いさし表現

→「お財布忘れちゃって…(お金がないんです)」「カード欲しいんですけど…(もらえませんか)」のように文の途中で終わる言いさし表現を日本語では多用します。

聞く

「よろしければ…おつくり出来ますが」

「あー」

「よろしいですか?」

「あ、はい」

店員は「(つくらなくても)よろしいですか」の意味だったようですが

外国人は「(つくっても)よろしいですか」の意味だと理解しました。

たしかにこの「よろしいですか」はどちらの意味にもとれます。

よって、答えはa

タイトルとURLをコピーしました