【発音上の問題】令和2年度 日本語教育能力検定試験Ⅱ問題2の解説

日本語教育能力検定試験,聴解,音声,対策,解説R2試験Ⅱ

令和2年度(2020年)日本語教育能力検定試験 試験Ⅱ(聴解・音声)問題2は例年同様、発音上の問題点を選ぶ問題でした。が、

また新しいメンバーが登場!

令和元年にデビューした「ポーズ」に続き

今年は、「特殊拍の種類」が鮮烈デビュー!

とはいえ、「特殊拍の種類」は赤本でもよく見るおなじみの顔です。

それ以外のメンバーは今までどおりでした。

毎年、出てくるメンバーはほぼ決まっているので各メンバーの名前を覚えたい。

拍の長さ日本語は基本、ひらがな1つで1拍です。拗音(きゃきゅきょ)はセットで1拍
プロミネンスどこを強く言うか。強調するか。
アクセントの下がり目単語ごとに考えます。日本語は高低アクセント。どこで下がるかが大事です。
句末・文末イントネーション文(句)ごとに考えます。最後が上がるか下がるか。
ポーズの位置間がどこにあるか。
特殊拍の種類撥音(ん)か促音(っ)か引く音(-)か。
聴解・音声問題の用語
スポンサーリンク

問題2の解き方

音声問題2の過去問を徹底的に分析し、様々なパターンの対策を見つけました。

よろしければ、下の記事をご覧ください。

スポンサーリンク

1番 

※聴解問題は音声CDがないと確認できないため、令和2年度の詳しい解説は令和2年度日本語教育能力検定試験の試験問題が発売されてから更新します(2021年4月を予定)

よって、答えはb

スポンサーリンク

2番

よって、答えはd

スポンサーリンク

3番

よって、答えはa

スポンサーリンク

4番

よって、答えはb

スポンサーリンク

5番

よって、答えはc

スポンサーリンク

6番

よって、答えはd

タイトルとURLをコピーしました