【過去問解説】令和2年度日本語教育能力検定試験Ⅱ問題2【発音上の問題】2020年

日本語教育能力検定試験,聴解,音声,対策,解説R2試験Ⅱ

令和2年度(2020年)日本語教育能力検定試験 試験Ⅱ(聴解・音声)問題2は例年同様、発音上の問題点を選ぶ問題でした。が、

また新しいメンバーが登場!

令和元年にデビューした「ポーズ」に続き

今年は、「特殊拍の種類」が鮮烈デビュー!

とはいえ、「特殊拍の種類」は赤本でもよく見るおなじみの顔です。

それ以外のメンバーは今までどおりでした。

毎年、出てくるメンバーはほぼ決まっているので各メンバーの名前を覚えたい。

拍の長さ日本語は基本、ひらがな1つで1拍です。拗音(きゃきゅきょ)はセットで1拍
プロミネンスどこを強く言うか。強調するか。
アクセントの下がり目単語ごとに考えます。日本語は高低アクセント。どこで下がるかが大事です。
句末・文末イントネーション文(句)ごとに考えます。最後が上がるか下がるか。
ポーズの位置間がどこにあるか。
特殊拍の種類撥音(ん)か促音(っ)か引く音(-)か。
聴解・音声問題の用語
スポンサーリンク

問題2の解き方

音声問題2の過去問を徹底的に分析し、様々なパターンの対策を見つけました。

よろしければ、下の記事をご覧ください。

スポンサーリンク

1番 

聞く前に選択肢を見て、たくさん出てくるキーワードを確認

※たくさん出てくるキーワードは答えの可能性が高い

アクセントの下がり目:a,b

プロミネンス:a,c

拍の長さ:c

句末・文末イントネーション:d

2回出てくる「アクセントの下がり目」と「プロミネンス」が怪しい

と思いながら聞きます。

教師が言い直しているところを確認

L:はい、見たことがあります

T:はい、見たことがあります

「見た」のアクセントは「高低」

「た」で下がらないといけないのに学習者は下がっていない。

よって、答えはb

スポンサーリンク

2番

聞く前に選択肢を見て、たくさん出てくるキーワードを確認

アクセントの下がり目:a,b,c

プロミネンス:a

句末・文末イントネーション:c,d

3回出てくるアクセントの下がり目が一番怪しい、2回出てくる句末・文末イントネーションが2番手

と思いながら聞きます。

教師が言い直しているところを確認

L:映画を見に行きます↑

T:映画を見に行きます↓

学習者は質問に答えているのに、質問見たいに語尾が上がっている。

よって、答えはd

スポンサーリンク

3番

聞く前に選択肢を見て、たくさん出てくるキーワードを確認

拍の長さ:a

アクセントの下がり目:b

特殊拍の種類:c

句末・文末イントネーション

各選択肢に1つずつとは…

昔の日本語教育能力検定試験みたいだな

と思いながら聞きます。

教師が言い直しているところを確認

L:こっきょうに帰りました

T:こきょうに帰りました。

こきょう:3拍

こっきょう:4拍

拍の長さが明らかに違います。

よって、答えはa

スポンサーリンク

4番

聞く前に選択肢を見て、たくさん出てくるキーワードを確認

やはり各選択肢に1つずつ

昔に戻っている

と思いながら聞きます。

教師が言い直しているところを確認

L:せんげつ、ネットで買いました。

T:せんげつ、ネットで買いました。

学習者は

「せんげつ」

を明らかに強く言っています。

ですが、質問は「どこで」なので

「ネットで」を強く言うべきです。

プロミネンスがおかしい。

よって、答えはb

スポンサーリンク

5番

聞く前に選択肢を見て、たくさん出てくるキーワードを確認

アクセントの下がり目:a,c

プロミネンス:a,d

句末・文末イントネーション:b

拍の長さ:c,d

2回ずつ出てくる「アクセントの下がり目」「プロミネンス」「拍の長さ」が怪しい

と思いながら聞きます。

教師が言い直しているところを確認

L:とうしょうかんに行きます。

T:としょかんにいきます。

とうしょうかん:6拍

としょかん:4拍

拍の長さが明らかに違います。

答えはcかd

「アクセントの下がり目」か「プロミネンス」か。

「どこに」という質問に

「とうしょうかん」を強く答えているので

「プロミネンス」はOK

アクセントの下がり目は?

「としょかん」のアクセントは

「低高低低」

「しょ」の後に下がります。

ですが、学習者の発音は

「しょ」の後も下がってないです。

よって、答えはc

スポンサーリンク

6番

聞く前に選択肢を見て、たくさん出てくるキーワードを確認

また1つずつの昔スタイル…

こうなると私の試験テクニックは使えないものの

シンプルで分かりやすいのはいいこと。

教師が言い直しているところを確認

L:アジアのしゅっきょうの本です。

T:アジアのしゅうきょうの本です。

「しゅきょう」と長音(特殊拍)にすべきところを

「しゅきょう」と促音(特殊拍)になっています。

特殊拍の種類が違います。

よって、答えはd

タイトルとURLをコピーしました