【過去問解説】令和3年度日本語教育能力検定試験Ⅱ問題3【2021】

R3試験Ⅱ
スポンサーリンク

試験Ⅱ聴解問題3の解き方

1番から3番の解き方

1番から3番は

①調音法を確認

②調音点を確認

の順番に検討します。

4番から8番の解き方

4番から8番は選択肢の言葉で子音が違うのか母音が違うのが推測できます。

調音点調音法声帯振動→子音が違う

唇の丸め舌の前後位置舌の高さ→母音が違う

問題1の詳しい解き方と対策は下の記事にまとめましたので

ご覧ください。

スポンサーリンク

1番の正答率

スポンサーリンク

1番の解き方 ちれい

「きれい」が

「ちれい」に聞こえました。

「ち」は、歯茎硬口蓋破擦音

①調音法を確認

破擦音は舌が上あごにくっついていて鼻の奥が開いていないので

口腔断面図はa,b

②調音点を確認

aの口腔断面図の調音点は歯茎

bの口腔断面図の調音点は歯茎硬口蓋

「ち」の調音点は、歯茎硬口蓋

よって、答えはb

スポンサーリンク

2番の正答率

スポンサーリンク

2番の解き方 うし

「うち」が

「うし」に聞こえました。

「し」は、歯茎硬口蓋摩擦音

①調音法を確認

摩擦音はくっついていないので

口腔断面図はb,c,d

②調音点を確認

bの口腔断面図の調音点は歯茎

cの口腔断面図の調音点は歯茎硬口蓋

dの口腔断面図の調音点は硬口蓋

よって、答えはc

スポンサーリンク

3番の正答率

スポンサーリンク

3番の解き方 はくえん

「ひゃくえん」が

「はくえん」に聞こえました。

「は」は、声門摩擦音

①調音法を確認

摩擦音はくっついていないので、b,c,d

②調音点を確認

bの口腔断面図の調音点は歯茎

cの口腔断面図の調音点は声門

dの口腔断面図の調音点は軟口蓋

よって、答えはc

スポンサーリンク

4番の正答率

スポンサーリンク

4番の解き方 ぶんきょう

「べんきょう」が

「ぶんきょう」に聞こえました。

「べ」は、[be]

「ぶ」は、[bɯ]

子音は同じですが母音が違います。

母音の違いを確認します。

[e]は、非円唇前舌中母音

[ɯ]は、非円唇後舌高母音

舌の前後位置と舌の高さが違います。

よって、答えはc

スポンサーリンク

5番の正答率

スポンサーリンク

5番の解き方 れんすう

「れんしゅう」が

「れんすう」に聞こえました。

「しゅ」は、[ɕɯ]

「す」は、[sɯ]

母音は同じですが子音が違います。

[ɕ]無声歯茎硬口蓋摩擦音

[s]無声歯茎摩擦音

調音点が違います。

よって、答えはa

スポンサーリンク

6番の正答率

スポンサーリンク

6番の解き方 きんざい

「げんざい」が

「きんざい」に聞こえました。

「げ」は、[ge]

「き」は、[ki]

子音も母音も違います。

[g]有声軟口蓋破裂音

[k]無声軟口蓋破裂音

子音は声帯振動が違います。

[e]非円唇前舌中母音

[i]非円唇前舌高母音

母音は舌の高さが違います

よって、答えはd

スポンサーリンク

7番の正答率

スポンサーリンク

7番の解き方 ちゃーわん

「チャーハン」が

「チャーワン」に聞こえました。

「は」は、[ha]

「わ」は、[ɰa]

母音は同じですが子音が違います。

[h]無声声門摩擦音

[ɰ]有声軟口蓋接近音(半母音)

声帯振動も調音点も調音法も違います。

選択肢がありません。

そこでもう一度検討します。

母音は[a]で変わらなさそうなので

母音の違いに関わる選択肢cとdは違う。

問題はaかbか。

日本語はそもそも気息の有無を区別しないので

気息の有無に問題があるという選択肢bはおかしいです。

よって、答えはa

[h]と声帯振動は同じで調音点と調音法が同じものは東外大言語モジュールから探すことができます。

スポンサーリンク

8番の正答率 

スポンサーリンク

8番の解き方 しゅいんこう

「しゅじんこう」が

「しゅいんこう」に聞こえました。

「じ」は、[ʑi]

「い」は、[i]

子音が脱落しています。

よって、答えはb

タイトルとURLをコピーしました