【日本語教育能力検定試験対策講座】安すぎて怒られそうなので値上げを考えています。

日本語教育能力検定試験の対策
スポンサーリンク

安すぎるオンラインレッスンはダメでしょうか?

最近、ツイッターで日本語教師のオンラインレッスンの話題を見ています。

そこで時々、目にするのが

・レッスン料金の設定が安すぎる人への不満

・レッスン料金を値上げした人への賛美

どちらも

めちゃくちゃ理解できます。

自分が同じプラットフォームでレッスンをやると想像します。

自分が1レッスン2000円で設定しているのに

500円で設定する人が現れたら

お客さんを奪われちゃいます。

さらには

500円で設定する人も500円じゃ食べていけないので

オンラインレッスンの市場からプロの日本語教師がいなくなっちゃいます。

だから

オンラインレッスンの料金設定を安くしすぎるのはよくありません。

オンラインの日本語教育業界が潰れてしまいます。

スポンサーリンク

高すぎるセミナーはダメでしょうか?

ちょっと前にツイッターで高すぎるセミナーが話題になりました。

コロナ下で日本語教師をターゲットにした有料セミナーが増えた。

でも料金が高すぎるからけしからんと。

そのような内容だったと思います。

セミナーは激安でやったほうがいいのでしょうか?

あるいは無料でやるべきでしょうか?

これ、おもしろいですよね。

オンラインの日本語教育業界と反対の現象です。

見ている立場が違うから、同じトピックに対して反対の意見になる。

もし多くの人がセミナーを無料あるいは激安にすると

セミナーで食べていた人、セミナーをビジネスにしていた企業がやっていけなくなります。

セミナー業界が潰れてしまいます。

こうして日本はいろいろな業界が潰れていき

次第に衰退するのでしょうか。

スポンサーリンク

どうして安すぎるオンラインレッスンと高すぎるセミナーはよくないのか?

オンラインレッスンにおいては

多くの日本語教師はサービスを与える側なので

安すぎるオンラインレッスンは困ります。

一方で

日本語教師を対象としたセミナーにおいては

多くの日本語教師はサービスを受ける側なので

高すぎるセミナーは困ります。

この状況

みなさんはどう考えますか?

自分が一番大切だからレッスン高くセミナー安くは当たり前?

その考えもアリだと思います。

日本の経済のことを考えたら

どちらも高く設定すべき?

その考えもアリだと思います。

スポンサーリンク

安すぎるハマゼミ+はダメでしょうか?

というわけで本題です。

【ハマゼミ+】が安すぎるんです。

【ハマゼミ+】は月に990円

YouTubeは無料で見られる動画が多いので

最初は高いと思っていたんです。

月990円でも。

ですが

これを他の日本語教育能力検定試験対策講座と比較してみた場合…

他の試験対策講座は5万から10万円以上かかります。

ハマゼミ+の動画の量からすると、10万円以上の講座レベルです。

例えば

5月から試験のある10月までハマゼミ+に加入した場合

990円×6か月=5940円

うーん。

10分の1をはるかに超える安さですね。

これでは日本語教育能力検定試験対策講座をしている

他の人や他の会社が

激怒しても仕方がありません。

業界が潰れてしまうかもしれません。

大幅に値上げするしか道がないのでしょうか?

スポンサーリンク

すでにハマゼミ+に参加済みの方へ

というわけで現在真剣に大幅に値上げすべきかどうか考えています。

ご安心ください。

すでにハマゼミ+に参加済みの方には値上げは求めません。

ハマゼミ+をやめるまではお値段そのままで継続できます。

これからハマゼミ+に入る方に対しては値上げを考えています。

ただ

YouTubeのメンバーシップの仕組み的に

同じサービスを別料金で提供できないんですよね。

どうすればよいでしょうか。

なにか良い方法がないか考えています。

良い方法が思いつくまでは

月990円でハマゼミ+に入れますので

よろしければ今のうちにお入りください。

やめることはいつでもできます。

ハマゼミ+のメンバーはこちらから

タイトルとURLをコピーしました