平成29年度日本語教育能力検定試験Ⅱ問題1【アクセント】の解説

日本語教育能力検定試験,聴解,音声,対策,解説2.日本語の構造

試験Ⅱの一般的な対策は、下記リンク先の記事に書きます。ここでは平成29年度の問題について解説します。

試験Ⅱは音声・聴解問題

問題1は毎年、学習者がどのようなアクセント形式で言ったかを選ぶ問題です。

ポイントは

①番号の上にひらがなを書く

②最初に音程が変わるポイントを聞き取る。

③上がったらいつ下がるかのみ集中

④下がったらいつ上がるかのみ集中

⑤できない人は、最初の2音だけ聞き取る練習

詳しい解き方は上の記事をご覧ください。

スポンサーリンク

1番 ビジネスマン

アクセント問題が苦手な人はまず、最初に集中してください。最初の2音。ここを聞き分けるところからはじめましょう。3パターンあります。

①高いから低い

②低いから高い

③同じ音

③のパターンが答えであることはあまりないので難しい時は無視していいです

まずは①と②を聞き分けるところから。

高いか低いかの違いが分からない人は強く聞こえた方が高いと思ってください。

今回はこれでやってみましょう。

では聞いてみましょう。

「ビ」と「マ」が強く聞こえませんでしたか?

そう。「ビ」と「マ」が高かったんです。

「ビジネスマン」のアクセント形式は、

「高低低低高低」でした。

よって、答えはd

スポンサーリンク

2番 みずがめ座で

「み」「め」が強く聞こえませんでしたか?

そう。

「みずがめざで」のアクセント形式は

低低低低」でした。

よって、答えはa

スポンサーリンク

3番 モナリザの絵を

「ナリ」「え」が強く聞こえませんでしたか?

「モナリザのえを」のアクセント形式は

「低高高低低高低」でした。

よって、答えはd

スポンサーリンク

4番 上野駅まで

「え」「きま」が強く聞こえませんでしたか?

「うえのえきまで」のアクセント形式は

「低高低低高高低」でした。

よって、答えはc

スポンサーリンク

5番 手のひらサイズの

「て」「サイズの」が強く聞こえませんでしたか?

「てのひらサイズの」のアクセント形式は

「高低低低高高高高」でした。

よって、答えはb

スポンサーリンク

6番 健康診断

「んこう」「んだん」が強く聞こえませんでしたか?

「けんこうしんだん」のアクセント形式は

「低高高高低高高高」でした。

よって、答えはa

タイトルとURLをコピーしました