【過去問解説】令和3年度日本語教育能力検定試験Ⅲ問題2【2021】数詞

R3試験Ⅲ
スポンサーリンク

問1の正答率

スポンサーリンク

問1の解き方【数量を表さない名詞や副詞の例】

「数量を表す名詞や副詞」の例として不適当なもの

→数量を表さない例を探します。

1 大部分

全体のほとんどの部分という数量を表します。

例)大部分の学生が帰った。

2 どちらも

数量を表しません。どちらか一方ではなく両方を表します。

例)犬と猫、どちらも好きです。

3 たくさん

数量の多いことを表します。

例)たくさんの猫がいます。

4 いくらか

数量があまり多くないことを表します。

例)お金をいくらか下さい。

よって、答えは2

スポンサーリンク

問2の正答率

スポンサーリンク

問2の解き方【名詞用法と副詞用法のいずれかでしか成立しない例】

各選択肢を見ると、数詞が述語を修飾していることがわかります。

つまり全て副詞用法です。

名詞のように使えるかも検討します。

名詞かどうか判断するには、後ろに「の」を付けて名詞がつくか検討します。

名詞を見分ける方法がよくわからない人は下の記事もどうぞ。

1 本を3冊読んだ

副詞用法:3冊読んだ

名詞用法:3冊の本

2 子どもを5人産んだ

副詞用法:5人産んだ

名詞用法:5人の子ども

3 運動を2時間行った

副詞用法:2時間行った

名詞用法:2時間の運動

4 点数が10点上がった

副詞用法:10点上がった

名詞用法:10点の点数 ×

よって、答えは4

スポンサーリンク

問3の正答率

スポンサーリンク

問3の解き方【どんな助数詞を使うか】

1 イカの数え方

生きているときは「匹」と数えてなんら問題はありません。

水揚げされると、水産業者はイカを「一本」と数えます。鮮魚店などで商品として並べられる際には習慣的に「一杯」と数えます。

日本の助数詞に親しむp45より

2 ウサギの数え方

慣習的に「羽」で数えますが、動物として数える際は「匹」が適当です

現代では、ウサギを「羽」で数えることは少なくなり、鳥類とウサギを「羽」でまとめて数える場合以外は、「匹」で数えます。

数え方の辞典p29,p31

3 タイヤの数え方

タイヤは「本」です。小さいタイヤは「個」でも数えます(数え方の辞典p172)。

現代の乗り物についている車輪は「輪」「個」で数えます(数え方の辞典p136)。

4 豆の数え方

豆は「粒」で数えます。空豆やグリンピースのように豆がさやにはいっているものは「莢(さや)」でも数えます。

数え方の辞典p282

よって、答えは2

スポンサーリンク

問4の正答率

スポンサーリンク

問4の解き方【外来語の助数詞】

選択肢1

一セット(ひとせっと)ください。

二パック(ふたぱっく)

選択肢2

ワンセット

ワンペア

ファーストバッター

選択肢3

グラム

よって、答えは4

スポンサーリンク

問5の正答率

スポンサーリンク

問5の解き方【本数詞と助数詞の組み合わせによる音変化】

本数詞と助数詞の読み方については下の記事をどうぞ

選択肢1の例

巻、缶、回、階、件、個、カ月、機、斤、組、キロ、

選択肢2の例

冊、皿、足、匙(さじ)、歳

選択肢3の例

本、杯、品、匹、班、編、拍

六匹(ろっぴき)

本数詞が促音化し、助数詞は半濁音になっている。

選択肢4の例

頭、点、卓、通、体

8頭(はっとう)

よって、答えは3

本数詞と助数詞の組み合わせによる音変化が登場した日本語教育能力検定試験の過去問

平成28年度日本語教育能力検定試験Ⅰ問題1(2)【「〜年(ねん)・〜月(がつ)」を付けた場合の読み方】

スポンサーリンク

楽しく助数詞を学びたい方へ

私が大好きな「ゆる言語学ラジオ」の助数詞シリーズあるいは動画で引用された下記の本を見てください。

created by Rinker
小学館
¥2,420(2022/01/18 11:54:16時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥2,830(2022/01/18 09:28:50時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥3,598(2022/01/18 11:54:17時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥673(2022/01/19 02:21:44時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,650(2022/01/18 11:54:24時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました