【過去問解説】令和3年度日本語教育能力検定試験Ⅲ問題3【2021】形容詞の分類

R3試験Ⅲ
スポンサーリンク

問1の正答率

スポンサーリンク

問1の解き方【イ形容詞とナ形容詞の分類】

イ形容詞とナ形容詞の違いについては下の記事をどうぞ

形態とは、物のかたち(スーパー大辞林3.0より)

機能とは、ある物事に備わっている働き(スーパー大辞林3.0より)

イ形容詞もナ形容詞も、そのものの性質・状態・属性などを表すという機能は同じです。

ですが名前の通り

イ形容詞は後ろに名詞が来ると「い」で接続します。

イ形容詞の例)小さい猫

ナ形容詞は後ろに名詞が来ると「な」で接続します。

ナ形容詞の例)きれいな猫

イ形容詞は「い」ナ形容詞は「な」、かたちが違います。

よって、答えは1

スポンサーリンク

問2の正答率

スポンサーリンク

問2の解き方【イ形容詞とナ形容詞の混同】

誤用を直して、イ形容詞とナ形容詞で比べてみます。

1 「豊富だので」→「豊富なので」

イ形容詞の場合)豊富なので

ナ形容詞の場合)かわいいので

イ形容詞とナ形容詞の混同ではなく

ナ形容詞が「ので」に接続するときの形を誤っています。

2 「安い」→「安くて」

イ形容詞の場合)安くて

ナ形容詞の場合)きれい

イ形容詞のナ形容詞の混同ではなく

イ形容詞が形容詞に接続するときの形を誤っています。

3 「苦しいでした」→「苦しかったです」

イ形容詞の場合)苦しかったです

ナ形容詞の場合)きれいでした

イ形容詞の過去形は「かったです」

ナ形容詞の過去形は「でした」

「苦しい」はイ形容詞なのに、ナ形容詞の過去形「でした」を使っています。

イ形容詞とナ形容詞の混同により起こった誤用です。

4 「いくありません」→「よくありません」

イ形容詞の場合)安いです→安くありません

「いい」の場合)いいです→よくありません

ナ形容詞の場合)便利です→便利ではありません/便利じゃありません

イ形容詞のナ形容詞の混同ではなく

「いい」の活用の誤りです。

通常のイ形容詞の場合は

「かわいい」→「かわいくありません」のように最後の「い」が「くありません」に変化しますが

「いい」は例外です

「いい」→「よくありません」のように全部変化します。

よって、答えは3

スポンサーリンク

問3の正答率

スポンサーリンク

問3の解き方【活用が特殊な形容詞】

使い方が特殊な形容詞は令和2年度日本語教育能力検定試験Ⅰ問題2(4)に続いて2年連続です。

(イ)は「ナ形容詞であるが連体形が例外」とあるので、連体形を検討します。

連体形とは、体言に連なる形

体言とは、名詞・代名詞

「同じだ」「いろいろだ」を名詞とつなげてみます。

同じ本 ×

本  〇 

色々本 〇

ナ形容詞は後ろに名詞が来るとき「な」で接続します。

ですが「同じ」は「な」を使いません。

よって、答えは1か2

※「同じ」が普通のナ形容詞とは違うという問題は過去問に出てきた記憶があるのですが思い出せません。ご存知の方、教えていただけると幸いです。

次に(ウ)を検討します。

(ウ)は「単独では名詞の前で用いることができない」とあるので、名詞とつなげてみます。

多い人 ×

面白い人 〇

よって、答えは1

なお、「多い」は単独では名詞の前で用いることができないというのは

令和2年度日本語教育能力検定試験Ⅰ問題2(4) の「近い」と同じですね。

実は「近い/遠い」や「多い/少ない」は普通のイ形容詞とは使い方が違います。 このことを説明しているテキストはあまり見たことがないのですが、例えば『留学生のためのここが大切 文章表現のルール』の第2課「言葉の形の使い分け」では、普通のイ形容詞とは使い方が違うイ形容詞を学ぶことができます。必要な課だけをピックアップして使うことができますし、本の通りに進めれば授業が成り立つ便利な本です。書く指導をしなければならない日本語教師の方はぜひ買ってみてください。

令和2年度日本語教育能力検定試験Ⅰ問題2(4) の解説より
スポンサーリンク

問4の正答率

スポンサーリンク

問4の解き方【「大きな」「小さな」が連体詞の理由】

連体詞と形容詞の違いについては下の記事をどうぞ

連体詞とは①必ず次に名詞が来る②形が変わらない詞(ことば)です。

選択肢1

確かに「大きい」「小さい」というイ形容詞がありますが、それが「大きな」「小さな」がナ形容詞じゃない理由にはなりません。

選択肢2

イ形容詞と同じように活用するのは「大きい」「小さい」です。

選択肢3

ナ形容詞の過去形の例)「きれいな」「べんりな」→「きれいだった」「べんりだった」

上のようにナ形容詞の過去形は、「な」の代わりに「だった」になります。

「大きな」「小さな」→「大きだった」「小さだった」×

「大きな」「小さな」はナ形容詞と異なり活用しません。

選択肢4

連体形は後ろに名詞がきます。

「大きな本」「小さな本」

終止形は文が終わる時に使います。

彼は大きな。×

彼は小さな。×

「大きな」「小さな」は終止形がありません。

なお、

彼は大きい。

彼は小さい。

「大きい」「小さい」はイ形容詞です。過去形にしてみるとイ形容詞であることがわかります。

彼は大きかった。

彼は小さかった。

過去形で「い」の代わりに「かった」を使うのがイ形容詞です。

よって、答えは3

スポンサーリンク

問5の正答率

解答速報では、アルファ国際学院さんが選択肢3

ヒューマンさん、アルクさん、千駄ヶ谷さんが選択肢2

スポンサーリンク

問5の解き方【指導の際に注意が必要な形容詞の特性】

選択肢1

名詞述語の丁寧体の否定形の例)

・雨では(じゃ)ないです。

・雨では(じゃ)ありません。

形容詞述語の丁寧体の否定形の例)

・安くないです。

・安くありません。

・便利では(じゃ)ないです。

・便利ではありません。

形容詞述語の丁寧体の否定形が「ないです」と「ありません」の2つです。

選択肢2

イ形容詞「ない」の対義語は、動詞「ある」です。

イ形容詞の「ない」は、非存在を表す。存在を表す動詞の「ある」には普通体の否定形がないため、「ない」は、「ある」の否定形に相当する機能を果たす。

現代日本語文法①p102

日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第5版だとp34にあります。

対義語の品詞が異なる問題は平成30年度日本語教育能力検定試験Ⅰ問題3B(10)でも問われていますので見ておいてください。

選択肢3

変化を表す「なる」を付けることができないイ形容詞は思い浮かびません。

選択肢4

伝聞を表す「そうだ」を付けることができない形容詞は思い浮かびません。

よって、答えは2

タイトルとURLをコピーしました