【赤本解説】日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第5版の確認問題の全て

試験対策のおすすめ本

日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第5版は受験のバイブルですが

確認問題に解説がないため

どうしてこの答えなのか分からない

という声を複数頂きました。

わかりました。やりましょう。

この記事で確認問題を全て解説します。

※ハマゼミ+の動画講座に合わせて順番に公開しますので、すべての解説の公開は7月を予定しています。

無料です。

ですが、もちろん

問題をここに載せることは著作権侵害となりますので、

できません。

赤本をお持ちでない方は、下記からまず購入してください。

Amazonと楽天が選べます。

お買い物マラソンをやっていれば楽天がお得だと思います。

下記の「楽天市場」リンクからお買い物マラソン実施中か確認できます。

また、ハマゼミ+メンバー限定となりますが、YouTube動画もご用意しました。

【確認問題解説1-1】日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第5版【日本語教育における品詞】

解説について

さらにご質問がある場合は

YouTube動画のコメント欄からお願いします。

では行きましょう。

スポンサーリンク

1-1 日本語教育における品詞

p194

スポンサーリンク

①動詞のグループが知りたいときは「ない形」にする

「anai」は1グループ

「inai」「enai」は2グループ

「しない」「来ない」は3グループ

(1)咲かない→「anai」なので1グループ

(2)こわさない→「anai」なので1グループ

(3)ほめない→「enai」なので2グループ

(4)しないは3グループ

(5)帰らない→「anai」なので1グループ

(6)来ないは3グループ

(7)にない→「inai」なので2グループ

スポンサーリンク

②名詞と形容詞を見分ける時は後ろに名詞をつけてみる。

〇の名詞→〇=名詞

〇な名詞→〇=ナ形容詞

〇い名詞→〇=イ形容詞

(1)元気な人→ナ形容詞

(2)無実の人→名詞

(3)親切な人→ナ形容詞

(4)不安な人→ナ形容詞

(5)日本製の車→名詞

スポンサーリンク

③属性形容詞と感情形容詞

属性形容詞は客観的、他の人もそう思う

感情形容詞は主観的、その人がそう思う

(1)目がかゆいのはその人→感情形容詞

(2)数学が苦手なのはその人→感情形容詞

(3)店の雰囲気が華やかなのは他の人が見てもそう→属性形容詞

(4)式典の雰囲気が重々しいのは他の人が見てもそう→属性形容詞

(5)寝不足で太陽がまぶしいのはその人→感情形容詞

スポンサーリンク

④現場指示と文脈指示

現場指示は、そこにあるもの

文脈指示は、そこにないもの

(1)この菓子はそこにある→現場指示

(2)「それ…話」はそこにない→文脈指示

(3)その服はそこにある→現場指示

(4)鞄がある「あそこ」はそこにある→現場指示

(5)「あの約束」はそこにない→文脈指示

スポンサーリンク

⑤情態副詞、程度副詞、陳述副詞

情態副詞は、動詞を詳しく。

程度副詞は、程度はどのレベル?

陳述副詞は、打消し、推量、仮定のセット

(1)おそらく彼は来ないだろう→「おそらく~だろう」推量のセット→陳述副詞

(2)ぐっすり眠れた→「眠れた」という動詞を詳しく「ぐっすり眠れた」→情態副詞

(3)隣の教室はがやがやしている→「している」という動詞を詳しく「がやがやしている」→情態副詞

(4)空がぴかっと光った→「光った」という動詞を詳しく「ぴかっと光った」→情態副詞

(5)このラーメンはかなりおいしい→「おいしい」の程度はどのぐらい「かなり」→程度副詞

(6)もし行けたら行く→「もし~たら」仮定のセット→陳述副詞

スポンサーリンク

⑥格助詞、取り立て助詞、並列助詞、接続助詞、終助詞、複合格助詞

格助詞は、名詞について名詞が述語とどんな関係か

取り立て助詞は、文に明示されていない意味がある

並列助詞は、対等な関係、順番を入れ替えても大丈夫

接続助詞は、文を接続して1文にする

終助詞は、文の最後で気持ちを表す

複合格助詞は、複合して格助詞の働き

(1)「と」+「して(するのテ形)」複合している→複合格助詞

(2)「9時」という名詞について、述語「出かける」との関係を表してる(出かける時間)→格助詞

(3)文の最後について気持ちを表している→終助詞

(4)「春になる」「花が咲く」2ぶの文を接続して1文にしている→接続助詞

(5)消しゴムと鉛筆、順番を入れ替えても大丈夫→並列助詞

(6)「勉強以外はしない」という文に明示されていない意味がある→取り立て助詞

スポンサーリンク

1-2 日本語教育における「文型」と助詞

スポンサーリンク

1.日本語教育における「文型」

①動詞文、形容詞文、名詞文

下線部が動詞→動詞文

下線部が形容詞→形容詞文

下線部が名詞→名詞文

(1)降るは動詞→動詞文

(2)心配は形容詞(心配こと)→形容詞文

(3)元気は形容詞(元気人)→形容詞文

(4)歯医者は名詞(歯医者人)→名詞文

(5)美しいは形容詞(美し人)→形容詞文

(6)するは動詞→動詞文

②文を作って、「が」「を」「と」「に」それぞれ入るか試してみる。

(1)彼着る。b

(2)彼が服を見る。b

(3)彼が泣く。a

(4)彼が引っ越しに賛成する。c

(5)彼が猫とケンカする。d

(6)彼がご飯を猫に与える。e

(7)彼が起きる。a

(8)彼がドアを押す。b

(9)彼が部屋に入る。c

(10)彼が友達と付き合う。d

(11)彼が日本語を友達に教える。e

(12)彼が学校に着く。c

(13)彼が友達と結婚する。d

(14)彼が光る。a

スポンサーリンク

2.格助詞の用法

①格助詞は、名詞について、名詞が述語とどんな関係か示すので、名詞と述語の関係を検討

(1)ガ格

①好きの対象が「音楽」

②弾けるの対象が「ギター」

③青いの主体が「空」

④飲みたいの対象が「水」

答えは③

(2)ヲ格

①出るの起点が「家」

②散歩するの経路が「近く」

③渡るの経路が「橋」

④通過するの経路が「トンネル」

答えは①

(3)ニ格

①行くの目的が「買い物」

②行くの目的が「釣り」

③行くの場所が「学校」

④行くの目的が「食事」

答えは③

(4)デ格

①壊れた原因が「地震」

②休んだ原因が「風邪」

③遊んだ道具が「おもちゃ」

④遅れた原因が「雨」

答えは③

(5)ト格

①ケーキを作る仲間(共同動作)が「姉」

②勉強する仲間が「弟」

③口論する相手が「母」

④出かける仲間が「父」

答えは③

②文の主題が取り立てた格成分

主題に取り立てない文に直してみる。

(1)地下鉄で会社へ通勤している→f

(2)東京からロサンゼルスまで直行便で12時間かかる。i

(3)温泉がその場所から出た。g

(4)父が小樽でこのガラス絵を購入した。b

(5)子供がその公園でサッカーをしている。d

(6)ぶどうより桃のほうが好きだ。h

(7)次郎が太郎と親友だ。e

(8)5月5日がこどもの日だ。a

(9)食欲が秋に増す。c

スポンサーリンク

3.主題の「は」

①命題は文の客観的なところ。モダリティは文の主観的なところ

(1)「そうだ」は伝聞を表すモダリティ→日本の近海で台風が発生した

(2)「たい」は願望を表すモダリティ→温泉でゆっくり休み

(3)「もしかしたら~かもしれない」は推量を表すモダリティ→同窓会に参加できない

(4)「んだ」は説明、「よね」は相手に共感を求めるモダリティ→この店のラーメンがうまい

(5)「ぜったいに~べきではない」は、常識的に考えてダメ!を表すモダリティ→嘘をつく

スポンサーリンク

1-3 日本語教育における主要(重要)な文法項目

スポンサーリンク

1.自動詞と他動詞

スポンサーリンク

2.ヴォイス(態)

スポンサーリンク

3.アスペクト

スポンサーリンク

4.テンス

スポンサーリンク

5.モダリティ

(1)対事的モダリティ

対事的モダリティと対人的モダリティでは、対人的モダリティのほうがわかりやすいです。

対人的モダリティは、相手に働きかけます。

働きかけるとは、何らかのアクションをお願いすることです。

相手に何らかのアクションをお願いしていれば、対人的モダリティ

相手に何らかのアクションをお願いしていなければ、対事的モダリティ

と判断してください。

①「はい」「いいえ」を答えることをお願いしているので、対人的モダリティ

②から⑤は相手に何のアクションもお願いしていないので、対事的モダリティ

答えは①(日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第5版p91に表があります)

(8)義務・必要のモダリティ(一般的な義務)

③は君に対する忠告です。相手にもっと努力するという行為をお願いしているので対人的モダリティです。

他は、義務・必要のモダリティです。相手に何らかの行為をお願いしているわけではありません。一般論を述べているだけです。

答えは③(日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第5版p92に表があります)

スポンサーリンク

6.複文の構造

スポンサーリンク

1-4 言語の構造

スポンサーリンク

1-5 語用論的規範

スポンサーリンク

1-6 言語の類型と世界の諸言語

「修飾語」とは、その語を詳しく説明する語

ここでは、名詞の修飾語なので、「名詞を詳しく説明する語

例えば、「猫」という名詞を詳しく説明してみましょう。

・猫

小さい

きれいな

Cさんの

長靴を履いた

下線部が、猫を詳しく説明していますね。

だから下線部が修飾語です。

日本語では名詞の修飾語はいつも前に来ます。

なので日本語は「修飾語+名詞」です。

英語は「修飾語+名詞」と「名詞+修飾語」のどちらもあります。

・「修飾語+名詞」

a little cat(小さい猫)

・「名詞+修飾語」

Puss in Boots(長靴を履いた猫 ※「Puss」は口語で「猫」)

ベトナム語も「修飾語+名詞」になります。

mèo nhỏ(小さい猫 ※「mèo」は「猫」、「nhỏ」は「小さい」)

よって、答えは英語とベトナム語です。

スポンサーリンク

1-7 文字と表記、日本語史

スポンサーリンク

2-1 言語教育法・実技

スポンサーリンク

2-2 評価

スポンサーリンク

2-3 異文化間教育・コミュニケーション教育

スポンサーリンク

2-4 言語教育と情報

スポンサーリンク

3-1 言語知識の獲得と理解の過程

スポンサーリンク

3-2 言語習得・発達

スポンサーリンク

4-1 異文化コミュニケーションと社会

スポンサーリンク

4-2 社会言語学

スポンサーリンク

5-1 日本語教育事情

スポンサーリンク

5-2 日本語教育史

スポンサーリンク

6-1 音声の基本

スポンサーリンク

6-2 五十音図の発達

スポンサーリンク

6-3 検定試験の音声問題

スポンサーリンク

7-1 記述力を磨く

タイトルとURLをコピーしました