【否定の焦点とは】平成29年度日本語教育能力検定試験Ⅰ問題1(12)の解説

H29試験Ⅰ

H29(2017年度)日本語教育能力検定試験 試験Ⅰの問題1の(12)は【否定の焦点】です。

スポンサーリンク

問題の解き方

【】内を見ます。

否定の焦点?

ミステリー小説のタイトルに出てきそうなカッコいい名前!

焦点といえば、虫眼鏡を思い出します。

子どもの頃に遊びました。

虫眼鏡で太陽光を集めて黒い紙を焦がす遊び

今の子どもたちもやるのでしょうか?

光が集まってすごく熱くなる点ができるんですよね。

それが、焦点

カメラのレンズでは、焦点距離という言葉も使います。

28mmとか焦点距離が短いと広角(近く広く写せる)

200mmとか焦点距離が長いと望遠(遠くを拡大して写せる)

そんな焦点

英語ではフォーカス

では

否定の焦点って何ですの?

否定が集まるところ?

何を否定しているかということ?

選択肢を見てみます

選択肢1 別にわざとぶつけたんじゃないよ。

A:あなた、ぶつけたんですか?

B:はい。ぶつけました。でも、わざとじゃないんです…。

「ぶつけたんじゃない」と言っていますが

ぶつけたことは否定していません。

「わざと」を否定しています。

選択肢2 悲しくて泣いているんじゃありません。

A:あなた、泣いているんですか?

B:はい。泣いています。でも悲しいからじゃありません。

「泣いているんじゃない」と言っていますが

泣いていることを否定していません。

「悲しくて」を否定しています。

選択肢3 昨日は一日中、外に出なかったんです。

A:あなた、外に出たんですか?

B:いいえ。出ませんでした。昨日は一日中出ませんでした。

「昨日は一日中、外に出なかったんです」

という文は「外に出た」ことそのものを否定しています。

選択肢4 車で来ていないので、飲みに行けます。

A:あなた、来たんですか?

B:はい。来ました。でも車じゃありません。

「来ていない」と言っていますが

来たことは否定していません。

「車で」を否定しています。

選択肢5 すべてが分かったわけではありません。

A:あなた、分かったんですか?

B:はい。わかりました。でも全てじゃありません。

「分かったわけではありません」と言っていますが

分かったことは否定していません。

「すべて」を否定しています。

以上より、動詞そのものを否定しているのは3だけ

よって、答えは3です。

スポンサーリンク

否定の焦点とは?

否定の焦点とは、否定文において否定される部分のこと。フォーカスとも。

否定文において、否定の働きが及ぶ範囲をスコープ、その中で特に 否定される部分を焦点 (フォーカス) と呼びます (日本語記述文法研究会 2007)。

ですが

専門用語がわからなくても、上記のように考えれば解けます。

ご安心ください。

スポンサーリンク

関連する過去問

否定の焦点は、令和元年度日本語教育能力検定試験Ⅲ問題4問3でも問われているので要チェックです。

令和元年度の問題解説と否定の焦点の練習問題を作成し、動画にしました。

チャレンジしてみてください。

スポンサーリンク

試験勉強を日本語教師の仕事につなげよう

否定の焦点が問題になってくるのは中級ぐらいでしょうか。

特に、読解の授業をやるときに要注意

選択肢1,2、4、5のように、動詞を否定しているように見えますが、否定しているのは動詞ではない文があったら、学習者に意味を確認してみてください。

誤まって理解している学習者がけっこういます。

タイトルとURLをコピーしました