【過去問解説】令和元年度日本語教育能力検定試験Ⅰ問題3D【モダリティ】2019

R1試験Ⅰ
スポンサーリンク

合格するための過去問解説講座をYouTubeで見る

スポンサーリンク

(16)の解き方

文は

客観と

主観

例)あれは猫に違いない。

客観 主観

例)あれは猫に違いない。

客観 主観

命題 モダリティ

①認識的モダリティ

(エピステミックモダリティ)

②拘束的モダリティ

(デオンティックモダリティ)

①認識的モダリティは

真偽を判断するモダリティ

①真偽を判断するモダリティ

例)

たぶん彼は猫が好きだろう。

彼は猫が好きにちがいない。

彼は猫が好きなはずだ。

彼は猫が好きかもしれない。

②拘束的モダリティは

義務や許可を表す

②義務や許可を表すモダリティ

例)

手を洗わなくてはけない。

猫をだっこしてもいいです。

1.べきだ:拘束

2.のだ:拘束からの免除

3.なさい:拘束

4.まい:真偽

よって、答えは4

スポンサーリンク

(17)の解き方

「にちがいない」直観

「はずだ」論理

直観

〇彼に初めて会った時、

猫好きにちがいないと思った。

?彼に初めて会った時、

猫好きのはずだと思った。

論理

「彼は獣医なんだって」

〇「あー、どうりで動物に詳しいはずだね。

「彼は獣医なんだって」

?「あー、どうりで動物に詳しいに違いないね」

よって、答えは2

スポンサーリンク

(18)の解き方

述部の認識的モダリティに対して働く副詞

陳述副詞

副詞は、動詞や形容詞を詳しく説明

①情態副詞

動作を詳しく説明

例)ゆっくり食べる

②程度副詞

程度を表す(どのぐらい?)

例)めったに食べない

③陳述副詞

話し手の気持ちを表す例)まさか、行かないよね。

1.めったに:程度

2.どうやら:陳述

3.まさか:陳述

4.きっと:陳述

よって、答えは1

スポンサーリンク

(19)の解き方

1.話し手自身の行為の意向を表せる

例)そろそろ行かなくては(いけない)。

2.ル形とタ形のテンス対立とは?

ル形:食べるにちがいない

タ形:食べたにちがいない

拘束的モダリティはル形とタ形のテンス対立を持たない

ル形:食べるなくてはいけない×

タ形:食べたなくてはいけない×

食べなくてはいけない〇

3.①拘束的モダリティ②認識的モダリティ

このケーキは食べてもいいはずだ。

4.例)私はそろそろ行かなくては(いけない)。

一人称も可

よって、答えは2

スポンサーリンク

(20)の解き方

なくていい:許可 勉強しなくていい

てもいい:許可 勉強してもいい

なくてはいけない:必要 勉強しなくてはいけない

ほうがいい:必要 勉強した方がいい

よって、答えは4

タイトルとURLをコピーしました