【過去問解説】令和3年度日本語教育能力検定試験Ⅰ問題1(2)【2021】

R3試験Ⅰ
スポンサーリンク

問題1(2)【音節とモーラ】の解き方

各選択肢の音節とモーラ(拍)を確認します。

音節は、特殊拍(促音(小さい「っ」)・撥音(ん)・調音(ー))は、合わせて1音節です。

モーラは、特殊拍も1モーラ(拍)と数えます。

拗音(きゃ・きゅ・きょなど)はどちらも合わせて1つと数えます。

1 黒板

音節  こ・く・ばん  3

モーラ こ・く・ば・ん 4

2 教室

音節  きょー・し・つ  3

モーラ きょ・ー・し・つ 4

3 学校

音節  がっ・こー   2

モーラ が・っ・こ・ー 4

4 欠席

音節  けっ・せ・き  3

モーラ け・っ・せ・き 4

5 見学

音節  けん・が・く  3

モーラ け・ん・が・く 4

「学校」だけ、音節が2、モーラが4です。

よって、答えは3

スポンサーリンク

音節とモーラの違いが分かるYouTube動画

スポンサーリンク

音節とモーラに関してみるべき過去問

音節とモーラについては平成29年度日本語教育能力検定試験Ⅰ問題3Aの大問で取り上げられているので見ておいてください。

タイトルとURLをコピーしました