【過去問解説】令和3年度日本語教育能力検定試験Ⅰ問題12【2021】言語政策

R3試験Ⅰ
スポンサーリンク

問1の解き方【席次計画】

席次計画とは、言語の順位付けを行い、主要な言語に特定の地位を与えること

よって、答えは2

詳しくは日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第5版p392参照

スポンサーリンク

問2の解き方【普及計画】

言語計画は、①席次計画②実態計画③普及計画の3つの段階で進めます。

よって、答えは1

普及計画とは、決めた言語を国民にどのように習得させ普及させていくかを決めること。

詳しくは日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第5版p392参照

スポンサーリンク

問3の解き方【日本語で初めて導入された文字は?】

令和2年度日本語教育能力検定試験Ⅰ問題11にも出てきたように

「日本語は、古くから中国語の影響を大きく受け、漢語を取り入れて」きました。

昔の日本には文字がありませんでしたが、当時の上位文化であった中国から「漢字」が導入されました。

日本に現存する最古の和歌集である万葉集の和歌は全て漢字で書かれています。

万葉集では、日本語の音を漢字で表記する万葉仮名も使われました。

万葉仮名は平成30年度日本語教育能力検定試験Ⅲ問題3問3選択肢1でも登場しています。

昔の日本には「平仮名(ひらがな)」や「片仮名(カタカナ)」はありませんでした。そこに中国から漢字が入ってきました。漢字、かっけえ! 超クール! そうだ! このイケてる中国の漢字で日本語を書こう! さあ、みなさんもご一緒に。 「よろしく」を平仮名も片仮名もアルファベットも使わずに書いてみてください。

「夜露死苦」

ええ。暴走族さんが大好きな当て字です。暴走族さんの発想は昔の日本人と同じだったんですね。「万葉仮名」ときたら「はいはい、暴走族が好きなやつね」と覚えてください。この「万葉仮名」から「平仮名」と「片仮名」が生まれました。

平成30年度日本語教育能力検定試験Ⅲ問題3問3の解説より

万葉仮名の例)阿米(アメ)、夏樫(ナツカシ)、八間跡(ヤマト)

よって、答えは3

歴史が苦手な方へおすすめのYouTubeチャンネル

今回の問題は正答率が悪かったです。歴史が苦手な方が多いのかもしれません。

そこで歴史が苦手な方へ私の大好きなチャンネルを紹介します。

このチャンネルは学校で勉強した歴史が苦手だった方でも楽しめるようになっています。

こんなに分かりやすくて面白くて勉強になるチャンネルを見ないのはもったいないです。

このチャンネルで歴史を学べばあなたのこれからの人生が変わってしまうかもしれません。

それほど刺激の強いチャンネルです。

日本語教育能力検定試験勉強の息抜きにぜひ見てみてください。

教育の歴史シリーズもあります。

スポンサーリンク

問4の解き方【近代化のための日本語】

近代化のための日本語は日本語教育能力検定試験でよく問われています。

今回の問題ができなかった人は令和元年度日本語教育能力検定試験Ⅲ問題16問4などの過去問をしっかり理解しておいてください。

選択肢1

令和元年度日本語教育能力検定試験Ⅲ問題16問4選択肢1でも登場した南部義籌(よしかず)さんは明治2年(1869)にローマ字で書こうと言いました。

選択肢2

逆です。日本語は地域によって差が大きすぎて言葉が通じないほどだったので東京方言で統一しようとしました。

明治時代以降、政府は中央集権国家形成の中で、全国共通の言葉を普及させることに力を入れていた。その過程で、特に学校教育において、地域方言は排除するべきものとされた。

平成29年度日本語教育能力検定試験Ⅲ問題14より

沖縄や鹿児島、東北地方の学校では方言を使った者に「方言札」を首に掛けて、辱めました。

方言札(罰札)は令和2年度日本語教育能力検定試験Ⅲ問題15問4選択肢4でも登場していますので見ておいてください。

よって、答えは2

近代化のための日本語が出題された日本語教育能力検定試験の過去問

平成29年度日本語教育能力検定試験Ⅲ問題14

令和元年度日本語教育能力検定試験Ⅲ問題16問4【言文一致体の成立】

スポンサーリンク

問5の解き方【2010年に改定された常用漢字表】

よって、答えは2

常用漢字表(当用漢字表)が登場した日本語教育能力検定試験の過去問

平成30年度日本語教育能力検定試験Ⅲ問題3

平成29年度日本語教育能力検定試験Ⅰ問題3D

平成29年度日本語教育能力検定試験Ⅲ問題12問3【当用漢字表】

平成24年度日本語教育能力検定試験Ⅰ問題13

タイトルとURLをコピーしました