【過去問解説】日本語教育能力検定試験Ⅰ問題2(1)【平成28年度】2016年

H28試験Ⅰ

平成28年度(2016年)日本語教育能力検定試験Ⅰの問題2は、例年どおり学習者の誤用と異なる種類の誤用を選ぶ問題です。

(1)有声音の無声化

「患者」の意で「かんしゃ」と発音する誤用は、有声音の無声化です。声帯を振動させて「じゃ」と発音しなければならないのに、声帯を振動させず「しゃ」と発音しています。

1,うらないの「ら」(弾き音)が「な」(鼻音)になっています。調音法の誤りです。

2,だいがくの「だ」が「た」になっているので、有声音の無声化です。

3,がんばっての「が」が「か」になっているので、有声音の無声化です。

4,あるばいとの「ば」が「ぱ」になっているので、有声音の無声化です。

よって、1が正解です。

タイトルとURLをコピーしました