【過去問解説】日本語教育能力検定試験Ⅰ問題3C【平成28年度】2016年

H28試験Ⅰ

2016年日本語教育能力検定試験Ⅰの問題3Cは、日本語の音変化に関する問題です。日本語の音の構造、自由異音と条件異音の例を学びます。

スポンサーリンク

(11)日本語の子音の特徴

日本語の子音は、調音点と調音法が同じでも声帯振動の有無(声帯振動があれば有声音、声帯振動がなければ無声音)で異なる音と認識されます。

軟口蓋破裂音の無声音)カキクケコ

軟口蓋破裂音の有声音)ガギグゲゴ

つまり、有声/無声の対立があります。

よって、正解は1です。

スポンサーリンク

(12)日本語の自由異音の例を選ぶ

ガ行[g]の鼻音化[ŋ]に決まった条件はありませんので自由異音です。

よって、正解は4です。

自由異音について詳しく知りたい人は下記の記事をどうぞ。

スポンサーリンク

(13)無声化が生じやすい例

1,なみ nami

2,もり mori

3,よる yoru

4,した shita

選択肢1,2,3はいずれも[i]や[u]が語句の終わりにきているので無声化ルール2のパターンですが、直前の音が有声子音(m,r)なので、無声化は生じにくいです。一方、選択肢4は[i]が、無声子音[h]と[t]に挟まれているので、無声化ルール1により、無声化が生じやすいです。

よって、正解は4です。

無声化について詳しく知りたい人は下の記事をどうぞ。

スポンサーリンク

(14)「語形成」による音の変化のうち「連声」の例

1,舟歌(ふなうた)

ふね+うた→ふなうた、のように合成語において前の語の母音が交代することは転音母音交代)といいます。

2,観音(かんのん)

上記のとおり、「観音」は連声現象の一例です。

3,国旗(こっき)

こくき→こっき、のようにある音が「ッ」(促音)に変わる現象は促音便といいます。

4,小雨(こさめ)

こ+あめ→こさめ、のように合成語において元の語になかった音が付け加わる現象を音韻添加といいます(ameにsが添加されてsameになっている)。

以上より、2が正解です。

スポンサーリンク

(15)動詞のテ形における「音便」とは?

1,動詞の語幹末尾の音素が弾き音(ラ行)の場合、促音便が用いられます。

動詞の語幹末尾の音素が弾き音で促音便が用いられる例)

散る→散って

2,動詞の語幹末尾の音素が破擦音(チ・ツ)の場合、促音便が用いられます。

動詞の語幹末尾の音素が破擦音で促音便が用いられる例)

勝つ→勝って

3,動詞の語幹末尾の音素が両唇音(フ・パ行・バ行・マ行)の場合、撥音便が用いられます。

動詞の語幹末尾の音素が両唇音で撥音便が用いられる例)

読む→読んで

4,動詞の語幹末尾の音素が摩擦音(サ行)の場合、促音便は用いられません。

動詞の語幹末尾の音素が摩擦音の例)

貸す→貸して○ 貸って☓

よって、正解は3です。

スポンサーリンク

音便をもっと知りたい人へ

以前やっていた「はてなブログ」で断トツの人気記事がこれです。

タイトルとURLをコピーしました