連濁のルールと連声の例【今ならライマンの法則も!】

公認日本語教師の試験対策

語形成に関する音変化(連濁と連声)は、日本語教育能力検定試験でよく出題されるので

連濁ルールライマンの法則例外連声現象規則を覚えましょう。

スポンサーリンク

連濁の意味

連濁とは、二つの語が結合して一語をつくるとき、後ろの語の語頭の清音が濁音に変わること(スーパー大辞林3.0)。

連濁の例

はな+ひ→はなび

ひと+とおり→ひとどおり 

連濁の法則 

連濁しにくい語

・複合動詞

例)噛み切る、通りかかる

・2語が並列的な関係で意味的関連がない場合

例)山川(やまかわ)

・漢語、外来語(ただし、日本語化した語は連濁する傾向)

例)輸入品(漢語の複合語)、デジタルカメラ(外来語の複合語)、和菓子(漢語の複合語だけど日本語化)

ライマンの法則とは

ライマンの法則とは、後ろの語にもとから濁音がある場合は連濁しないという法則。

ライマンの法則の例

はる+かぜ→はるかぜ○ はるがぜ☓ 

ライマンの法則の例外

「縄梯子」は、後ろの語である「梯子(はしご)」に濁音が含まれていますが、「縄梯子(なわばしご)」と連濁します。

スポンサーリンク

連声の意味

連声とは、二つの語が連接するときに生ずる音変化の一つ(スーパー大辞林3.0)。前の語の末尾のm/n/tが、後の語の先頭のア・ヤ・ワ行をマ・ナ・タ行の音に変化させること。連声の読み方は「れんせい」でも「れんごえ」でもなく「れんじょう」なので注意。 

連声の例

かん+おん→かんのん(観音)

いん+えん→いんねん(因縁)

さん+い→さんみ(三位)

せつ+いん→せっちん(雪隠)

スポンサーリンク

関連する日本語教育能力検定試験の過去問

以下のとおり、日本語教育能力検定試験では、語形成による音変化(連濁と連声)が繰り返し出題されていますので過去問も要チェックです。

・平成24年度日本語教育能力検定試験Ⅰ問題3A(4)【選択肢の一つとして連濁と連声が登場】

平成26年度日本語教育能力検定試験Ⅱ問題6の1番【聴解問題の選択肢の一つとして「連濁が起こっていない」が登場】

・平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅰ問題3B(9)【連濁のルールとして誤っているものを選ぶ問題】(10)【連濁を阻害する要因に関する「ライマンの法則」の例外】(11)【前部要素と後部要素の意味関係によって連濁しにくい例

平成28年度日本語教育能力検定試験Ⅰ問題3C(14)【「語形成」による音の変化のうち「連声」の例】

平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅰ問題3Bは語構成に関する問題で、問題文において「複合語」「派生語」「連濁」が分かりやすく説明されているので一読をおすすめします。

created by Rinker
¥1,540(2021/06/25 05:31:47時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました