平成30年度日本語教育能力検定試験Ⅰ問題3Dの解説【日本語の歴史】

H30試験Ⅰ

平成30年度(2018)日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ問題3Dは【日本語の歴史】です。

スポンサーリンク

過去問解説(16)中世を境に

解き方

問題文にヒントがあります。「中世を境とした」

中世より前が(ア)

中世より後が(イ)

選択肢から中世より前っぽい言葉を探すと「古代」 中世より後っぽい言葉を探すと「近代」

よって、答えは4です。

各用語の意味

古代語とは、日本語の歴史を中世を境に二分した時の中世以前の言葉

近代語とは、日本語の歴史を中世を境に二分した時の中世以降の言葉

口語とは、話し言葉

文語とは、書き言葉

上方語とは、上方(京都・大阪)で使われる言葉。特に江戸時代のもの。

江戸語とは、江戸時代に江戸で使われていた言葉

古語とは、昔使われた言葉で現代では使わない言葉

新語とは、新しく作られたもの、使われるようになった言葉

例)草生える(面白いという意味)

スポンサーリンク

過去問解説(17)一段化

解き方

「二段動詞の一段化」と言っているので、五段動詞「折る」の選択肢3,4は除外。選択肢1と2を比べてどちらが自然な変化の流れか。2は3文字→2文字→3文字になっていて変。1のほうがナチュラルな変化。よって答えは1。古文の知識がなくても解ける問題です。

二段動詞とは、動詞を活用するときに活用語尾が二段になる動詞。

未然形連用形終止形連体形已然形命令形
古語ることれば下二段活用
現代語ないますることれば下一段活用

古語では、活用語尾が「べ(エ段)」と「ぶ(ウ段)」の二段ですね。また、終止形は「食ぶ」、連体形は「食ぶる」と形が違いますが、現代語では、終止形と連体形のどちらも「食べる」ですね。これが終止形と連体形の合流です。

動詞のグループの見分け方

動詞のグループを見分けるときは「ない」をつけてみるのがオススメ。五段動詞は「ない」の前がア段になります。

ない

一段動詞は「ない」の前がイ段(上一段)かエ段(下一段)になります。

ない。

スポンサーリンク

過去問解説(18)係助詞

係助詞ってはるか昔に古文の授業で勉強したけど覚えてない…という人も大丈夫! 現代文の助詞の知識があれば解けます! この問題に関しては問題文に惑わされず、選択肢だけ見た方がいいですね。

解き方

  1. 「か」は並立助詞です。「猫犬」
  2. 「も」は取り立て助詞です。「あの猫好きです(他の猫も好き)」
  3. 「は」は取り立て助詞です。「猫好きです(犬はちょっと…)」
  4. 「ぞ」は終助詞です。「猫カフェに行く!」

よって、答えは2です。

係助詞の意味と種類

せっかくなので関連知識を勉強しましょう。

助詞とは、他の語をける(ことば)、つまり単独では使えない。形の変化もない。

係助詞(かかりじょし)とは、強調したり、疑問を表すために使う助詞。係助詞を使う時は文末の活用語の形が決まっている(係り結び

例)もと光る竹なむ一筋ありける

本来は「もと光る竹、一筋ありけり」ですが、係助詞の「なむ」が入ったため、「けり」→「ける」に変化。

係助詞には、「か・も・は・ぞ・なむ・や・こそ」の7つがある。

助詞の種類と意味

接続助詞とは、前後の節を接続する。つなげる。

例)猫なのに納豆を食べる。

取り立て助詞とは、文面に書いてない情報をってきててる助詞。情報を付加する助詞。

例)サッカー好きです。

取り立て助詞「も」を使うことで、サッカー以外も好きなものがあるという情報が付加されている。

格助詞とは、名詞について名詞と述語の関係を示す。

例)猫と遊ぶ(猫は遊び相手という関係)

並立助詞とは、べてたせる助詞。つまり対等な関係で列挙する。

例)猫犬、猫

終助詞とは、文のわりについて、話し手の気持ちなどを表す。

例)今年は雨が多いです

過去問解説(19)「くれる」と「やる」

「くれる」と「やる」は何が対立しているのか。各選択肢を見る。

1.動作性

「くれる」と「やる」はどちらも動作性があるので対立していない。

動作性に関わる対立の例)「する」と「できる」

2.視点

「くれる」は外→内。マドンナが(私に)チョコをくれた。

「やる」は内→外。(私は)マドンナにチョコをあげた。

視点が対立しています。

3.相

相(そう)とは、アスペクトの日本語訳。

アスペクトとは、その動作(出来事)のどの段階を切り取るか。アスペクトといえば「ている」

例)食べている。

食べるという行為が継続している段階。

「くれる」と「やる」にアスペクトの対立はないですね。

アスペクトに関わる対立の例)「食べる」と「食べている」

4.時制

時制と行えば、現在、未来、過去。

「くれる」と「やる」に時制の対立はないですね。

時制に関わる対立の例)「食べる」と「食べた」

よって、答えは2です。

過去問解説(20)日本語の変化

解き方

これは知識がなくてもロジックで解ける問題です。各選択肢は日本語の変化について書かれていて、それを「日本語内部における変化」と「外国語の影響による変化」にわけることができればよし。やってみましょう。

1.敬語が相対敬語に。

外国語の影響で相対敬語になるだろうか? ちょっと考えられない。韓国は絶対敬語だしなあ。日本内部における変化っぽい。

2.ラ行音で始まる単語の使用

使う単語が増える理由の一つは外来語だ。特に今まであまりなかったタイプの単語(ラ行音で始まる単語)が増えるのは、それが元々日本にはない言葉だからだろう。つまり外国からの影響なので「内部」じゃない。

3.閉音節構造の単語の使用

今までになかったタイプの単語(閉音節構造の単語)を使うのは元が外国の言葉、外来語だからだろう。「内部」じゃない。

4.漢語の使用

漢語は中国から。「内部」じゃない。

よって、答えは1です。

用語の意味

絶対敬語とは、絶対に敬語です。年上など敬語を使う相手には、状況や場面に関係なく敬語。韓国語の敬語。昔の日本

相対敬語とは、相対に敬語です。状況や場面で変わります。例えば部長と話すときは部長の行為に尊敬語を使いますが、外のお客さんと話すときは部長の行為に謙譲語を使います。今の日本語の敬語。

例)部長に対し尊敬語「部長はいらっしゃいますか」

  お客さんに対し謙譲語「部長の浜は、まもなく参ります」

開音節とは、母音で終わること。日本語はこれ。スペイン語も開音節なので日本人にとって英語より発音しやすい。

閉音節とは、子音で終わること。英語、中国語、韓国語など。

日本語にも「ん(n)」で終わる単語など閉音節がありますし、英語にもdata[deɪtə]など開音節があります。

created by Rinker
¥902(2020/10/20 18:55:25時点 Amazon調べ-詳細)

タイトルとURLをコピーしました