たいていとだいたいの違いとは?平成30年度日本語教育能力検定試験Ⅰ問題2(4)の解説

「たいてい」と「だいたい」の違いとはH30試験Ⅰ

平成30年度(2018)日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ問題2(4)の誤用は【今日の朝食はたいてい8割くらい残しました。】です。

スポンサーリンク

解き方

例がどんな誤用か考える

「たいてい」をどう直せばいいかな? 後ろの名詞を見ると「8割ぐらい」とある。割合だ。割合と一緒に使えそうな言葉…。あ、「だいたい」はどうだろう? 「だいたい8割ぐらい」、オッケー!

選択肢から同じ誤用を探す

各選択肢の「たいてい」を「だいたい」に変えてみよう。

  1. だいたい1時間 〇
  2. だいたい全員 〇
  3. ゴミ出しをだいたい忘れてしまうことがよくあります。 ×
  4. だいたい何グラム まる

3だけ変。答えは3!

3の問題点は「だいたい」「よく」という頻度を表す副詞を2つも使っていることです。

例)私はいつもよくだいたいたまに猫カフェに行きます。×

スポンサーリンク

日本語レッスンで役立つ豆知識:「たいてい」と「だいたい」の違いとは?

たいてい」という言葉は「いつも」「よく」「ときどき」「たまに」と同じように頻度・確率を表します。

頻度とは、それをどのぐらいよくするか

だいたい」という言葉は「全部」「ほとんど」「すこし」と同じように数量・割合を表します。

問題でいえば

1,2,4は数量・割合なので「だいたい」

3は頻度なので「たいてい」

という説明で終わることが多いのですが、実はそんな簡単な問題ではないのが「たいてい」と「だいたい」の関係です。

「たいてい」と「だいたい」の違いは外国人にはかなり難しいです。国語辞典で「たいてい」の意味を調べると「だいたい」と書いてあったりします。そう。同じように使うときもあるんですね。

ホワイジャパニーズピーポー!

iPhoneアプリの大辞林で「たいてい」の例文を調べると

「問題はたいていできた」

とありますが、

「問題はだいたいてきた」

これもオッケーですよね? むしろ「だいたい」と私なら言うかな。最近は「だいたい」を使う人が増えているようです。

しかし、どちらかしか使えない場面もあります。

「だいたい」しか使えない場面

だいたいとは、1つに対して使う言葉

例)仕事はだいたい終わった。

仕事が1つだとしたら、それがほとんど終わった場合「だいたい終わった」と言いますよね?

「たいてい」しか使えない場面

たいていとは、複数に対して使う言葉

例)日曜日はたいてい家にいます。

これは毎週の日曜日ということで複数ですね。

例)日曜日はだいたい家にいます。

1日という1つの日曜日のほとんどは家で過ごすという意味に感じます。

前述の例でも、

「問題はだいたいできた」はテストは1つ

「問題はたいていできた」は複数の問題

として捉えているのではないかと。

例)仕事はたいてい終わった。

というと複数の仕事があるように感じませんか?

ところが最近は「たいてい」の領域を「だいたい」が侵食しているため事態はさらにややこしくなります。

・チャレンジはたいてい失敗する。

・チャレンジはだいたい失敗する。

どうでしょうか? ここでいう「チャレンジ」は複数ありそうですが「だいたい失敗する」でも違和感がないのは私だけですか?

最近の感覚で言うと

「たいてい」→「だいたい」の変換は違和感がなかったりするけれど、

「だいだい」→「たいてい」は違和感を感じることが多いので、

「迷ったらだいたいを使ってください」

と私なら学習者に言っちゃうかも。

「だいたいの本」

「たいていの本」

タイトルとURLをコピーしました