令和2年度 日本語教育能力検定 試験Ⅰ問題2(1)の解説

令和2年度日本語教育能力検定試験の解説,試験Ⅰ,問題2R2試験Ⅰ

日本語教育能力検定試験Ⅰ問題2は毎年、学習者の誤用から異なる種類の誤用を選ぶ問題です。

誤用とは、っていること。つまり間違い。

異なる種類の間違い

仲間外れを探します。

スポンサーリンク

解き方①例がどんな誤用か考える

「そのへん」を「そのえん」と発音

「へ」が「え」

he」が「e」

ローマ字で書くと簡単です。

子音hが脱落しています。

スポンサーリンク

解き方②選択肢が同じ誤用か検討

  1. 「こうん」を「こうん」
  2. 「かいん」を「かいん」
  3. 「ごん」を「ごん」
  4. 「せんん」を「せんん」

1から3は子音hが脱落していますが

4は子音nが挿入さています。

よって、答えは4

タイトルとURLをコピーしました