【過去問解説】令和3年度日本語教育能力検定試験Ⅰ問題2(3)【2021】

R3試験Ⅰ
スポンサーリンク

問題2(3)の解き方

誤用を直してみます

学生たちは学園祭の看板を立てた

「立たせた」→「立てた」

「立たせる」は自動詞「立つ」の使役形です。

他動詞「立てる」を使うべきなのに

自動詞「立つ」の使役形「立たせる」を使った誤りです。

同じように選択肢を直してみます。

1 消えさせた→消した

自動詞「消える」の使役形「消えさせる」ではなく、他動詞「消す」を使うべき誤り

2 折れさせた→折った

自動詞「折れる」の使役形「折れさせる」ではなく、他動詞「折る」を使うべき誤り

3 届かさせた→届けさせた

自動詞「届く」の使役形「届かせる」ではなく、他動詞「届ける」の使役形「届けさせる」を使うべき誤り

4 閉まらせた→閉めた

自動詞「閉まる」の使役形「閉まらせる」ではなく、他動詞「閉める」を使うべき誤り

選択肢3だけ直した後も使役形のままです。

よって、答えは3

スポンサーリンク

使役形の作り方

1グループ動詞

1グループ動詞の使役形は「ナイ形+せる」

ナイ形の「ない」を「せる」と交換すれば使役形ができあがります。

例)書く→書かない→書かせる

2グループ動詞

2グループ動詞の使役形は「ナイ形+させる」

ナイ形の「ない」を「させる」と交換すれば使役形ができあがります。

例)食べる→食べない→食べさせる

3グループ動詞

3グループ動詞は2つしかないのでそのまま覚えてください。

する→させる

来る→来させる

動詞のナイ形やグループが分からない方は下の記事を見てください。

タイトルとURLをコピーしました