現代日本語文法⑤第10部主題第3章【「は」と「が」の使い分け】を分かりやすく解説

試験対策のおすすめ本

現代日本語文法は日本語の文法を網羅した本としては最高の本です。

だから皆さんに読んでほしい!

ですが難しすぎて挫折する人ばかりでした。

そこでこのブログでは初めて勉強する人でも現代日本語文法が読めるように

できるだけ日常的な言葉を使って分かりやすさを優先した解説をしています。

現代日本語文法をお持ちでない方はまず下記リンクから購入して次にお進みください。

created by Rinker
¥3,080(2022/08/11 18:00:09時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク
  1. ハマが解説した講義動画はここからダウンロードして見ることができます。
  2. 本日の問題
  3. 第3章「は」と「が」の使い分け 第1節【「は」と「が」の使い分けの概観】
    1. 1.「は」と「が」の使い分けの概観
      1. 1.1「は」と「が」の使い分けに関わる要因の概観
    2. 2. 主語を主題として示すかどうか
      1. 2.1 主題をもつことができるかどうか
      2. 2.2 主題が明示されるかどうか
    3. 3. 主題をとりたてるか、どのようにとりたてるか
    4. 4.「は」と「が」の使い分けのまとめ
  4. 第3章「は」と「が」の使い分け 第2節【文における「は」と「が」の使い分け】
    1. 1. 文における「は」と「が」の使い分けの概観
    2. 2. 文における主題の有無
      1. 2.1 文の叙述内容と主題の有無
      2. 2.2 否定文における主題の有無
    3. 3. 主題が明示されるかどうかという要因
      1. 3.1 主題が明示される場合
      2. 3.2 主題が明示されない場合
    4. 4. 主語をどのようにとりたてるかという要因
      1. 4.1 対比的にとりたてる場合
      2. 4.2 排他的にとりたてる場合
  5. 第3章「は」と「が」の使い分け 第3節【談話における「は」と「が」の使い分け】
    1. 1. 談話における「は」と「が」の使い分けの概観
    2. 2. 主語が特定できるかどうか
      1. 2.1 主語が特定できない場合
      2. 2.2 主語が特定できる場合
    3. 3. 文の叙述内容
      1. 3.1 属性を述べる文
      2. 3.2 新たな出来事の生起を述べる文
    4. 4. ほかの文に従属的な文
      1. 4.1 名詞節に近い文
      2. 4.2 名詞修飾節に近い文
    5. 5. 主語をどのようにとりたてるか
      1. 5.1 対比的にとりたてる場合
      2. 5.2 排他的にとりたてる場合
  6. 第3章「は」と「が」の使い分け 第4節【節における「は」と「が」の使い分け】
    1. 1. 主節における「は」と「が」の使い分け
    2. 2. 従属節の従属度と「は」と「が」の使い分けの関わり
    3. 3. 従属節における「は」と「が」の使い分け
      1. 3.1 補足節
      2. 3.2 名詞修飾節
      3. 3.3 条件節
      4. 3.4 時間節
      5. 3.5 目的節
      6. 3.6 様態節
    4. 4. 等位節・並列節における「は」と「が」の使い分け
      1. 4.1 等位節
      2. 4.2 並列節
  7. 本日の問題の答え

ハマが解説した講義動画はここからダウンロードして見ることができます。

【文法を極める会20】現代日本語文法⑤第10部主題第3章【「は」と「が」の使い分け】 by 日本語教師のハマゼミコミュニティ
【文法を極める会】では①日本語教育能力検定試験合格や②日本語を教える時に役立つ文法を勉強しています。ここでは【文法を極める会】の動画を500円で購入してダウンロードすることができます。本をお持ちでない方はこちらからご購入ください。
スポンサーリンク

本日の問題

【 】内に示した観点から見て、他と性質の異なるものを1つ選べ。

(20)【主題】p176~(前回の範囲)

1 佐藤はこの報告書を書いた。

2 田中さんには私から伝えておきます。

3 東京へは何で行きましたか。

4 この公園は、毎日、歩いている。

5 スーツケースは軽いのがよい。

スポンサーリンク

第3章「は」と「が」の使い分け 第1節【「は」と「が」の使い分けの概観】

1.「は」と「が」の使い分けの概観

1.1「は」と「が」の使い分けに関わる要因の概観

p191~

本で

2. 主語を主題として示すかどうか

2.1 主題をもつことができるかどうか

p192~

本で

2.2 主題が明示されるかどうか

p194

本で

3. 主題をとりたてるか、どのようにとりたてるか

p195

本で

4.「は」と「が」の使い分けのまとめ

p195~

本で

スポンサーリンク

第3章「は」と「が」の使い分け 第2節【文における「は」と「が」の使い分け】

1. 文における「は」と「が」の使い分けの概観

p197~

有題文とは、主題をもつ文

無題文とは、主題をもたない文

2. 文における主題の有無

2.1 文の叙述内容と主題の有無

p198~

本で

2.2 否定文における主題の有無

p199~

・おにぎりを食べない

・おにぎりを食べるのではない

否定文では、主語は「は」で示されるのが自然。

・弟勉強しない。

・姉はおにぎりを食べない。

予想される事態が成立しない場合、主題をもたない文で表される。

・姉勉強しない。

・弟おにぎりを食べない。

3. 主題が明示されるかどうかという要因

3.1 主題が明示される場合

p200~

真偽疑問文は、「はい」「いいえ」で答える文

Q:今日は暑いですか?

A:はい。暑いです。

https://www.hamasensei.com/grammar13/#toc37

補充疑問文は、5W1H(Where, What, Who, Which, Why, How) で不明な情報を表した文

Q:何が好きですか?

A:猫が好きです。

https://www.hamasensei.com/grammar13/#toc37

真偽疑問文は、主語を主題にして「は」で示す。

・試験難しかったですか。

・昨日勉強しましたか。

補充疑問文は、疑問語が補語(補語について詳しくは現代日本語文法①p27参照)や述語部分にある場合、主語は「は」で示される。

・だれおにぎりを食べましたか…(疑問語が主語)

・弟何を食べましたか…(疑問語が補語

・答えどれですか…(疑問語が述語部分

3.2 主題が明示されない場合

p201~

本で

4. 主語をどのようにとりたてるかという要因

4.1 対比的にとりたてる場合

p202~

主語を対比的にとりたてる場合は「は」

・弟食べたが、姉食べなかった。

4.2 排他的にとりたてる場合

p203

主語を排他的にとりたてる場合は「が」

・私ハマです。

スポンサーリンク

第3章「は」と「が」の使い分け 第3節【談話における「は」と「が」の使い分け】

1. 談話における「は」と「が」の使い分けの概観

p204~

本で

2. 主語が特定できるかどうか

2.1 主語が特定できない場合

p206

初めて登場する人など主語が特定できない場合「

2.2 主語が特定できる場合

p206~

すでに登場した人など主語が特定できる場合「

3. 文の叙述内容

3.1 属性を述べる文

p210

属性を述べる文は「は」

3.2 新たな出来事の生起を述べる文

新たな出来事の生起を述べる文は「が」

4. ほかの文に従属的な文

p211~

ほかの文に従属的な文は「が」

4.1 名詞節に近い文

名詞節に近い文は「が」

4.2 名詞修飾節に近い文

名詞修飾節に近い文は「が」

5. 主語をどのようにとりたてるか

5.1 対比的にとりたてる場合

p212

対比的にとりたてる場合は「は」

5.2 排他的にとりたてる場合

排他的にとりたてる場合は「が」

スポンサーリンク

第3章「は」と「が」の使い分け 第4節【節における「は」と「が」の使い分け】

1. 主節における「は」と「が」の使い分け

p213~

本で

2. 従属節の従属度と「は」と「が」の使い分けの関わり

p214~

本で

3. 従属節における「は」と「が」の使い分け

3.1 補足節

p215~

本で

3.2 名詞修飾節

p218~

本で

3.3 条件節

p220~

本で

3.4 時間節

p223

本で

3.5 目的節

p223

本で

3.6 様態節

p223~

4. 等位節・並列節における「は」と「が」の使い分け

4.1 等位節

p224~

本で

4.2 並列節

p226

本で

スポンサーリンク

本日の問題の答え

【 】内に示した観点から見て、他と性質の異なるものを1つ選べ。

(20)【主題】p176~

1 佐藤はこの報告書を書いた。

佐藤がこの報告書を書いた(主題は格成分)

2 田中さんには私から伝えておきます。

田中さんに私から伝えておきます(主題は格成分)

3 東京へは何で行きましたか。

東京へ何で行きましたか(主題は格成分)

4 この公園は、毎日、歩いている。

この公園を毎日、歩いている(主題は格成分)

5 スーツケースは軽いのがよい。

→軽いスーツケースがよい(主題は被修飾名詞)

5のみ被修飾名詞を主題にしている。

よって、答えは5

タイトルとURLをコピーしました