【過去問解説】令和元年度日本語教育能力検定試験Ⅲ問題7【2019】上級レベルの留学生を対象としたプレゼンテーションの授業

R1試験Ⅲ
スポンサーリンク

合格するための過去問解説講座をYouTubeで見る

スポンサーリンク

問1の解き方

1.プレゼンの注意点

①終わらなそうな場合は早く話して全て伝えよう。

②同じテンポとトーンで話して聞き取りやすく。

③専門用語や略語を積極的に使用し、聞き手の知的学習を促進しよう。

④最初に概要を話し、全体の道筋を示そう。

①× 伝わることが大事。

②×同じテンポとトーンで眠くなる。

③×専門用語ばかりだと理解できない。

④〇次に来ることがわかると理解しやすい。

1.全てを伝えようとしない。

2.道筋を示して迷わぬように。

3.大学教授の眠い授業。

4.専門用語でチンプンカンプン。

答えは2

スポンサーリンク

問2の解き方

2.ルーブリックとは

 表を用いて、学習の達成度を測る評価方法

 ペーパーテストでは難しい観点も評価できる。

C(1)B(2)A(3)
コミュ力飼い猫の粗相を未然に防止できる見つめてくる野良猫の言いたいことがわかる
爪切り嫌いな猫を説得できる
モテ力家に帰ったら玄関で飼い猫が待っている出会った野良猫の多くが猫なで声で近づいてくる
外を歩くと野良猫にストーカーされる
猫飼いのルーブリック

ルーブリックのポイント

・複数の項目で評価ができる。

・レポート、プレゼンなどパフォーマンスの質の評価に向いている。

・自由記述欄はなく、記載評価項目以外の評価はできない(客観的にするため)。

・大規模なテストには向いていない。

1.プレゼンの評価に最適。うちも使っています。

2.紙のテストのほうが大規模な客観テストには向いているかと。

3.コメントを書く欄はない。

4.自由記述欄はない。

答えは1

スポンサーリンク

問3の解き方

3.スライドでの情報の示し方

①1文は短く。長い時は体言止めを使用。

②情報ごとに文をわける。

③アニメーションを多用しない。

④引用する際は出典を示す。

1.1文に1情報。

2.アニメーション多用は気が散る。

3.引用で必要なこと

4.体言止めも使用し、できるだけ短く。

答えは2

スポンサーリンク

問4の解き方

4.ら抜き言葉とは

 2グループ(一段活用)の動詞の可能形の「ら」を抜くこと。

例)

食べられる→食べれる

見られる→見れる

動詞のグループの見分け方

「ない」をつけてみる!

「ない」の前が「a」→1グループ

例)書かない、飲まない、話さない

「ない」の前が「i/e」→2グループ

例)見ない、食べない

「する」「くる」は3グループ

可能形の作り方

 1グループ

書く→書ける

歌う→歌える

話す→話せる

ルール:u→eる

 2グループ

食べる→食べられる

見る→見られる

寝る→寝られる
ルール:る→られる

 3グループ

する→できる

来る→来られる

どうして「ら抜き言葉」?

 2グループの動詞(&来る)の受身形の形が同じでわかりにくいから。

例)

私は鬼に食べられた(受身形)

私は鬼を食べられた(可能形)

「ら抜き言葉」は試験Ⅲ問題2にも

さ入れ言葉とは

 1グループ(五段活用)の動詞の使役形に「さ」を入れてしまうこと。

例)

書かせる〇 書かさせる×

歌わせる〇 歌わさせる×

使役形の作り方

 1グループ

書く→書かせる(書かす)

歌う→歌わせる(歌わす)

話す→話させる(話さす)

ルール:u→aせる(う→わせる)

2グループ

食べる→食べさせる

見る→見させる

寝る→寝させる

ルール:る→させる

3グループ

する→させる

くる→来させる

どうして「さ入れ言葉」?

丁寧に許可をもらおうと思って。

1グループの動詞にもつい入れちゃう。

書かさせていただきます×(書かせる)

歌わさせていただきます×(歌わせる)

話させていただきます〇(話させる)

見させていただきます〇(見させる)

1.「分かんない」→「分からない」

カジュアル表現の使用

2.「いかれません」→「いけません」

可能表現の違い

(助動詞「れる」→可能動詞「いける」)

3.「おわらさせる」→「おわらせる」

さ入れ言葉の使用

4.「させていただきました」

許可表現

答えは3

スポンサーリンク

問5の解き方

質疑応答の指導方法

①質疑応答の時にもスライドの画面は残す。②聞き手の疑問を予想し、準備しよう。

③質問者の意図を読み取って答える。

④わからないことはわからないと正直に。

1.スライドの画面は残そう。

2.分からないことは分からないと言おう。

3.想定問答集とか。プレゼンに入れるとか。4.質問者の意図を読み取ろう。

答えは1

タイトルとURLをコピーしました