【過去問解説】平成28年度日本語教育能力検定試験Ⅲ問題3【2016】

H28試験Ⅲ

平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題3は【日本語の名詞修飾表現】でした。
平成28年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題3は【どのように言うか】です。 

問1 「筆を執る」が「文章を書く」といった意味で使用されるのと同じタイプの意味拡張の例を選ぶ問題です。
「筆を執る」は書くための準備行動にすぎないのに「文章を書く」という意味に拡張しています。

4,「耳を傾ける」は注意して聞く準備行動にすぎないのに、「 注意して聞く」という意味に拡張しています。

よって、4が正解です。

問2
1,受身を使うことで、後者は太郎に視点を置いているので、正解は1であると思料します。

2,前者と後者の差は、出来事の新情報・旧情報の差ではなく、叱った側に視点があるのか、叱られた側に視点があるのかの差だと存じます。

3,被害のニュアンスを表すのは間接受身のことだと思いますが、本問は直接受身です。
間接受身(被害受身)の例)
「猫が刺身を取った」→「(僕が)猫に刺身を取られた」

4,被害を表すのは間接受身ではないでしょうか。

問3
1,「間違った解説を書いて、すみませんでした」のように、描写系の「すみません」は、タ形でも使用でき、過去の出来事に対する詫びとして使用できると思います。

2,遂行系の「お詫び申し上げます」は、発話行為の一種であるため、意味上の主語が一人称でなければ使用できないと思います。
例)彼がお詫び申し上げます☓

3,命令形の「ごめんなさい」は表現の上では許すことを相手に要求していますが、目下の者以外にも使用できると思います。というか、使用してしまいました

4,表出系の「誠に遺憾に思います」は、本来話し手の感情を表す表現ですが、公的な立場からの謝罪として使用されすぎですね。

以上より、2が正解です。

問4
2,「てしまう」を用いると、望ましくない事態が生じたと自分が認識していることを聞き手に伝達できます。
例)同棲していた彼女が行ってしまうので僕は一人になってしまう。彼女を怒らせてしまった。同窓会に出席してしまったのだ。元カノに再会してしまって、ついはしゃぎすぎてしまって、ホテルで一晩過ごしてしまった。朝帰りと匂いでバレてしまった。誠に遺憾に思います。

よって、2が正解であると思料します。

問5 詫びと理由説明には様々な言い方と表現効果があることに関する問題です。
1,勧誘表現の「ませんか」は否定を含む疑問の形式なので、「ましょう」よりも控えめで丁寧さが感じられます。
例)「もう一度、デートしませんか」
  「もう一度、デートしましょう」

2,断り表現では、「難しいです」のように実現可能性の問題として伝えることで、聞き手への配慮を表すことが多い。
例)「浮気した人ともう一度デートするのは、難しいです」

3,逆だと思います。与益表現を含む「てあげましょうか」は、申し出表現の「ましょうか」より差し出がましく感じられます。
例)「肩を揉んであげましょうか」
  「肩を揉みましょうか」

4,依頼表現の「てください」は、聞き手の負担になる行為だけでなく、聞き手の利益になる行為にも用いられます。
例)「肩を揉ませてください」

以上より、正解は3と思料します。

タイトルとURLをコピーしました