【過去問解説】平成28年度日本語教育能力検定試験Ⅲ問題2【2016】

H28試験Ⅲ

問1は何度も質問を受けます。

とても難しい問題ですね。

本試験で出てきたらスキップしてください。

ほとんどの人がわからないので大丈夫です。

スポンサーリンク

問1の解き方

下線部Aを見てください。

「主題になる」ですね。

「になる」は変化を表します。

例1)きれいになったね!

きれいじゃない→きれい

例2)主題になったね!

主題じゃない→主題

「主題になる」ものを探すために

各選択肢の主題を見つけて、主題になる元の文を作ります。

下線部の次の文章のとおり

「主題を表す代表的な形式は『は』」

なので

「は」がついている単語をピックアップし

「は」を使わない文を作ります。

選択肢1

主題は「母」

「は」を使わない文は「誕生日になると、私にケーキを焼いてくれた」

「母」に「が」がついているので

「母」はガ格の格成分です。

格成分について詳しく知りたい方はこちら

選択肢2

主題は「スマートフォン」

「は」を使わない文は「少し高いが、新しいスマートフォンいい」

ガ格の格成分は「新しいスマートフォン」

「新しいスマートフォン」は「新しい」と「スマートフォン」で作られた名詞句です。

つまり「スマートフォン」は名詞句に含まれる要素といえます。

名詞句について詳しく知りたい方はこちら

選択肢3

主題は「あの笑顔」

「は」を使わない文は「あの笑顔からすると、何かいいことがあったに違いない」

「あの笑顔からすると」は、従属節(副詞節)です。

格成分や名詞句に含まれる要素以外にものです。

選択肢4

主題は「課長に」

「は」を使わない文は「明日の会議で私が課長に報告しておきます」

「課長に」は、ニ格の格成分です。

よって、答えは3

スポンサーリンク

問2の解き方

選択肢1
共起とは、複数の言語現象が同一の発話・文・文脈などの言語的環境において生起すること。「しとしと」は「雨が降る」とは共起するが、「雪が降る」とは共起しないといえる。アメリカの言語学者ハリスの用語。(スーパー大辞林3.0)。 
象は鼻が長い―日本文法入門 (三上章著作集)

↑この本のタイトルのように、「は」と「が」は単文内で共起します。

選択肢2
「は」は「が」以外の助詞の代わりをすることはない、というのは、例外を認めない選択肢なので誤りだろうと推測しつつ、「が」以外の助詞の代わりになるか検討します。
肯定文だと思いつかなかったのですが、否定文なら見つかりました。
例)野菜食べない。→野菜食べない。
  散歩行かない。→散歩行かない。
  海行かない。→海行かない。

選択肢3
ヒューマンアカデミー著『日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第3版』75頁によると、意志動詞・無意志動詞は、意思的な行為を表せるか否かの違いによる分類です。食べるは意志動詞、降るは無意志動詞。
「僕は食べる」のように意志動詞の主語を「は」で示すこともできます。
「雨が降る」のように無意志動詞の主語を「が」で示すこともできます。

選択肢4

従属節内で「は」が使えるかどうかは、従属節の種類による。
用語検索マンボウによると、従属節には3つの種類があるそうです。
副詞節…理由・目的・条件などを表す節で、述語や主節全体を修飾する(ヒューマンアカデミー著『日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第3版』113頁)。
例1)彼女あまり勉強しなかったのに、試験に合格した。

連体修飾節…体言を修飾する。
例2)猫集まる公園
   猫集まる公園☓

補足節…補足語の一部になっていうような節。節全体が名詞となるので名詞節ともいう。
例3)猫昨日かつお節を食べたのは確かだ。
   猫昨日かつお節を食べたのは確かだ。☓

以上より、従属節内で「は」が使えるかどうかは、従属節の種類による、といえそうですので、
正解は、4

なお、ヒューマンアカデミー著『日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第3版』では、「は」と「が」の使い分けに関して以下のとおり説明しています。

「従属節の内部に収まる主語には『が』を使い、後の述語にかかるような主語には『は』をつかう」
→例1)彼女あまり勉強しなかったのに、試験に合格した。

「対比を表すときには『は』をつかう。また、『ほかならぬ〜』『まさにこの』などの意味を表すときには『が』を使う」
→例4)犬来たのに、猫来ない。

スポンサーリンク

問3の解き方

問3「は」以外の主題を表す形式に関する問題です。
選択肢1
基礎日本語辞典のp870-871によると、
「話題の提示の『なら』は、文法的には係助詞『は』に相当する。相手によって引き出された話題をテーマとしてことばを受け継ぐ表現である。」
例)ササミなら、いくらあっても構わないよ。
基礎日本語辞典

選択肢2
「なんか」は、話し言葉で主題に対する主観的評価を表すときに用いられると思います。
例)あれなんか良さそう。

選択肢3
スーパー大辞林3.0によると、
「としては」の意味は「…の場合には。…の立場では。」
例)「私としてはお引き受けできません」
  「彼としてはそう言わざるをえなかったのだろう」
このように、「としては」は、言葉を定義する文の主題を表すときではなく、立場を表すときに用いられます。

選択肢4

「ったら」は条件節をつくりますが、主題になるのは主節ではないでしょうか。
例)雨が降ったら、運動会は中止になるだろう。(主題:運動会)

以上より、正解は1

スポンサーリンク

問4の解き方

強い格(ガ格、ヲ格)の特徴
話し言葉では格助詞を省略することが多い。
例)お腹(が)減った。
  解説(を)書いてます。

弱い格(ト格、デ格、カラ格など)
格助詞を省略しないのが普通。

よって、3が正解

スポンサーリンク

問5の解き方

問5は「各言語における主題の表示方法とその用法」に関する問題です。
選択肢1

英語は強弱アクセントを持つ言語ですが、格成分であれば主題化できるという意味が分かりませんでした。英語は主語優勢言語なので、基本的に主題と主語が一致するのではないでしょうか。

選択肢2

韓国語は日本語と同じ膠着語であり、主題を表す助詞を持ちます。

選択肢3

スペイン語の話題を表す手段は動詞の活用語尾だと思います(wikipedia「話題」参照)。

選択肢4

中国語の主題を表す手段は語順です(wikipedia「話題」参照)。

以上より、正解は2です。

タイトルとURLをコピーしました