平成30年度日本語教育能力検定試験Ⅱ問題1【アクセント】の解説

日本語教育能力検定試験,聴解,音声,対策,解説平成30年度 日本語教育能力検定試験の解説
スポンサーリンク

試験Ⅱ【音声・聴解・リスニング】は毎年同じ

試験Ⅱ問題1のより詳しい対策は、下記リンク先の記事に書きます。ここでは平成30年度の問題について解説します。

試験Ⅱは音声・聴解問題

問題1は毎年、学習者がどのようなアクセント形式で言ったかを選ぶ問題です。

ポイントは

①番号の上にひらがなを書く

②最初に音程が変わるポイントを聞き取る。

③上がったらいつ下がるかのみ集中

④下がったらいつ上がるかのみ集中

⑤できない人は、最初の2音だけ聞き取る練習

詳しい解き方は上の記事をご覧ください。

スポンサーリンク

1番 秋葉原で

「あきはばらで」のアクセント形式は

「高低低高低低」です。

答えはcです。

スポンサーリンク

2番 斜め前の

「ななめまえの」のアクセント形式は

「低高高低高低」です。

答えはcです。

スポンサーリンク

3番 変わりましたと

「かわりましたと」のアクセント形式は

「低高高低低低高」です。

答えはaです。

スポンサーリンク

4番 隣町まで

「となりまちまで」のアクセント形式は

「高低高低高高低」です。

答えはbです。

スポンサーリンク

5番 だし巻き卵を

「だしまきたまごを」のアクセント形式は

「低高低低高低低高」です。

答えはcです。

6番 呼ばれていないと

「よばれていないと」のアクセント形式は

「低低高高低高低低」です。

答えはaです。

タイトルとURLをコピーしました