コミュニケーション能力とは?【具体例と練習問題つき】

予想問題・練習問題
スポンサーリンク

コミュニケーション能力とは?

コミュニケーション能力とは、コミュニケーションをとるために必要な能力。

英語では、communicative competence

ハイムズさんは、コミュニケーションをするには、文を正しく組み立てる文法能力だけでなく、いつどこでどのようにその正しい文を使うのかという知識も必要であると主張し、コミュニケーション能力と呼びました。

その後、カナルさんがコミュニケーション能力を①文法能力②社会言語能力③談話能力④ストラテジー能力の4つに整理しました。

スポンサーリンク

文法能力とは?

文法能力とは、正しい言葉を使って正しい文を作る能力。

英語では、grammatical competence

文法能力が欠如している例

・私の夢は猫を飼います。 ×主語と述語のねじれ

・かわいいの猫がいます。 ×名詞とイ形容詞の混同

スポンサーリンク

社会言語能力とは?

社会言語能力とは、相手や場面に応じて、社会的に適切な言葉を使用できる能力。社会言語学的能力とも。

英語では、sociolinguistic competence

社会言語能力が欠如している例

・(バイト面接の場面で)「オレは猫カフェで働きたかったんです」

・(クラスメイトに対して)「お名前は何とおっしゃいますか」

スポンサーリンク

談話能力とは?

談話能力とは、相手の意図を理解して、まとまりのある談話を構成する能力。

英語では、discourse competence

談話能力が欠如している例

・「ここはどこですか」「地球です」

スポンサーリンク

ストラテジー能力とは?

ストラテジー能力とは、コミュニケーションに問題があるときに、コミュニケーションを円滑にするために工夫できる能力。方略能力とも。

英語では、strategic competence

ストラテジー能力が欠如している例

・知らない言葉を別の言葉で言い換えたり、ジェスチャーで伝えたりすることができない。

スポンサーリンク

4つのコミュニケーション能力を区別する方法

文法能力→社会言語能力→談話能力の順番に考えてるとわかりやすいです。

①文は正しいですか?

→正しくなければ、文法能力の問題です。

③社会的に適切ですか?

→適切じゃなければ、社会言語能力の問題です。

③談話は正しく構成されていますか?

→正しく構成されていなければ、談話能力の問題です。

④ストラテジー能力は工夫です。

コミュニケーションを円滑にするための工夫に関係すれば、ストラテジー能力の問題です。

スポンサーリンク

練習問題1

4つのコミュニケーション能力を見分ける練習問題を用意しました。チャレンジしてみてください。

次の会話のBは、①文法能力②社会言語能力③談話能力④ストラテジー能力(方略能力)のうち、どの能力に問題がありますか。

A:昨日は何をしましたか?

B:昨日は勉強します。

スポンサーリンク

練習問題1の答え

A:昨日は何をしましたか?

B:昨日は勉強します。

「昨日は勉強します」という文は、文法的に正しくありません。昨日なので「勉強しました」と過去形にしなければなりません。

よって、①文法能力の問題です。

スポンサーリンク

練習問題2

(日本語学校の授業中、先生Aと学習者Bの会話)

A:昨日は何をしましたか?

B:昨日は勉強したよ。すごいでしょ?

スポンサーリンク

練習問題2の答え

(日本語学校の授業中、先生Aと学習者Bの会話)

A:昨日は何をしましたか?

B:昨日は勉強したよ。すごいでしょ?

Bの発話はカジュアルすぎて、授業中の先生に対する発話として社会的に不適切です。

よって、②社会言語能力の問題です。

スポンサーリンク

練習問題3

(日本語学校の授業中、先生Aと学習者Bの会話)

A:昨日は何をしましたか?

B:私はBです。タイから参りました。どうぞよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

練習問題3の答え

(日本語学校の授業中、先生Aと学習者Bの会話)

A:昨日は何をしましたか?

B:私はBです。タイから参りました。どうぞよろしくお願いいたします。

Bの発話はAの質問と関係がありません。談話が正しく構成されていません。

よって、③談話能力の問題です。

スポンサーリンク

練習問題4

(日本語学校の授業中、先生Aと学習者Bの会話)

A:昨日は何をしましたか?

B:…(「洗剤を買いに行きました」と言いたいけど、「洗剤」という言葉が出てこない。スマートフォンで調べて画像を見せればいいのに、それが思いつかず、ただ黙ってしまう)

スポンサーリンク

練習問題4の答え

(日本語学校の授業中、先生Aと学習者Bの会話)

A:昨日は何をしましたか?

B:…(「洗剤を買いに行きました」と言いたいけど、「洗剤」という言葉が出てこない。スマートフォンで調べて画像を見せればいいのに、それが思いつかず、ただ黙ってしまう)

Bは「知らない言葉はグーグルで画像検索をして画像を見せればいい」というコミュニケーションを円滑にするための工夫ができていません。

よって、④ストラテジー能力(方略能力)の問題です。

スポンサーリンク

練習問題5

(日本語学校の授業中、先生Aと学習者Bの会話)

A:昨日は何をしましたか?

B:(「洗剤を買いに行きました」と言いたくて)仙台を買いに行きました。

A:せ、せんだい?

スポンサーリンク

練習問題5の答え

(日本語学校の授業中、先生Aと学習者Bの会話)

A:昨日は何をしましたか?

B:(「洗剤を買いに行きました」と言いたくて)仙台を買いに行きました。

A:せ、せんだい?

「洗剤」を「仙台」と言うのは言葉が間違っています。言葉の間違いも文法能力の間違いに含めます。

よって、①文法能力の問題です。

スポンサーリンク

練習問題6

B:(道を歩いている知らない人に声をかける)駅はどこでしょうか?

A:(急に聞かれたのでびっくりして)え、な、なんですか?

B:駅はどこでしょうか?

A:あ、駅ですか。駅は、この道をまっすぐ行くとありますよ。

スポンサーリンク

練習問題6の答え

B:(道を歩いている知らない人に声をかける)駅はどこでしょうか?

A:(急に聞かれたのでびっくりして)え、な、なんですか?

B:駅はどこでしょうか?

A:あ、駅ですか。駅は、この道をまっすぐ行くとありますよ。

人に話しかけるとき、まずは「あのう」とか「ちょっと、すみません」とか言いますよね。

そうしないと相手にも聞く準備ができていないので、Aさんのように「え、な、何ですか?」という反応になってしまいます。

談話の構成が上手くできていません。

よって、③談話能力の問題です。

スポンサーリンク

練習問題7

B:(道を歩いている知らない人に声をかける)あのう。

A:あ、はい。

B:駅はどこ?

A:え?

B:駅、どこ?

スポンサーリンク

練習問題7の答え

B:(道を歩いている知らない人に声をかける)あのう。

A:あ、はい。

B:駅はどこ?

A:え?

B:駅、どこ?

知らない人に対して「駅はどこ?」は失礼ですね。社会的に不適切です。

よって、②社会言語能力の問題です。

スポンサーリンク

練習問題8

A:(道を歩いている知らない人に声をかける)あのう。

B:あ、はい。

A:駅はどこでしょうか。

B:セブンイレブンの隣に駅がありますよ。

A:あ、すみません。セブンイレブンはどこでしょうか?

B:駅の隣にセブンイレブンがありますよ。

A:…。

スポンサーリンク

練習問題8の答え

A:(道を歩いている知らない人に声をかける)あのう。

B:あ、はい。

A:駅はどこでしょうか。

B:セブンイレブンの隣に駅がありますよ。

A:あ、すみません。セブンイレブンはどこでしょうか?

B:駅の隣にセブンイレブンがありますよ。

A:…。

Bは「駅まで行きたい」というAさんの意図を理解しておらず、Aさんの求める返答ができていません。

よって、③談話能力の問題です。

スポンサーリンク

コミュニケーション能力が出題された日本語教育能力検定試験の過去問

平成26年度日本語教育能力検定試験Ⅰ問題8問1

タイトルとURLをコピーしました