【著作権の例外】日本語学校は営利を目的としない教育機関なのか【OKな例とダメな例】

公認日本語教師の試験対策

問題です。

学校の授業で使用するために教師が購入した本の1ページをコピーして学習者に配布するのは著作権侵害になると思いますか?

なります。

ですが、その学校が「営利を目的としない教育機関」であれば、著作権法の例外として認められています。

詳しくは、 文化庁長官官房著作権課の『学校における教育活動と著作権』 をどうぞ。

とてもわかりやすくまとまっています。

スポンサーリンク

日本語学校は非営利の教育機関なのか?

営利を目的としない教育機関の例も 文化庁長官官房著作権課の『学校における教育活動と著作権』 のp7にあります。

営利を目的としない教育機関の例

・小・中・大学・高等専門学校

・専修学校

・公民館、青年の家などの社会教育施設

・教育センターなどの教員研修施設

・職業訓練施設

営利を目的とする教育機関の例

・私人の経営する学習塾

現在、文化庁長官官房著作権課に問い合わせ中

下記、Twitterのとおり、現在問い合わせ中です。

解答いただけたら、こちらに追記します。

スポンサーリンク

著作権が出題された日本語教育能力検定試験の過去問

平成30年度日本語教育能力検定試験Ⅲ問題5問5【非営利の教育機関が授業の過程で聴解素材・教材を著作権者の許諾なしに利用できる例】

平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅰ問題5問5【著作権の侵害に当たらないもの】

平成25年度日本語教育能力検定試験Ⅲ問題8問5【日本におけるe-learningと対面授業の著作権法】

平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅰ問題6問2【インターネットからコンテンツを利用する際の著作権】

タイトルとURLをコピーしました