【過去問解説】日本語教育能力検定試験Ⅰ問題4【平成28年度】2016年

H28試験Ⅰ

日本語教育能力検定試験では、ほぼ毎年試験Ⅰの問題4で、教授法に関する問題が登場しますので、教授法は最重要分野の一つ。過去の問題4もチェックして今年の問題4に備えましょう。

2016日本語教育能力検定試験Ⅰの問題4は、コミュニケーション能力の育成を重視した教授理念です。この記事ではコミュニカティブ・アプローチタスク中心の教授法について学びます。

スポンサーリンク

問1 コミュニカティブ・アプローチの背景となる考え方とは?

コミュニカティブ・アプローチがコミュニケーション能力の育成を重視するのは

会話の中で意味交渉が生じることによって

言語習得が促進されると考えるからです。

よって、正解は4です。

意味交渉については下記の記事参照

スポンサーリンク

問2 コミュニカティブ・アプローチによる言語活動を行う際に必要とされる条件とは?

コミュニカティブアプローチでは、現実のコミュニケーションと同じような条件を必要とします。

すなわち、発話者に情報の選択権があること(チョイス)

対話者間に情報の格差があること(ギャップ)

対話者間のやり取りに真正性があることが必要です。

現実のコミュニケーションに否定証拠は多くありませんので、対話の相手から否定証拠を与えられることは必要とされる条件ではありません。

よって、正解は1です。

否定証拠については平成26年度日本語教育能力検定試験Ⅰ問題8問5を見てください。

スポンサーリンク

問3 「タスク中心の教授法」に基づく学習活動とは?

タスク(課題)を達成することを主眼としたタスク中心の教授法は、コミュニカティブ・アプローチの考え方が基盤になっています。タスク中心の教授法に基づく学習活動として不適当なものを選びます。

1,日常語のレシピを見ながら、カレーライスを作るというタスクを達成することが目的。

2,就職活動で必要になるエントリーシートや履歴書を作成するというタスクを達成することが目的。

3,住んでいる町を紹介するパンフレットを分担してつくるというタスクを達成することが目的。

4,パターン・プラクティスといえば、コミュニカティブ・アプローチの天敵、オーティオリンガルメソッドの練習法です。

よって、正解は4です。 

スポンサーリンク

問4 コミュニケーション・ストラテジーの例

平成28年度日本語教育能力検定試験Ⅰ問題4問4を検討します。学習者が言語上の問題を切り抜けようとして用いるコミュニケーション・ストラテジーの例として不適当なものを選びます。

1,言語上の問題が起こったら、話題を違うものに変えるのは、コミュニケーションストラテジーの話題転換です。

2,難しい言語形式の使用を避けたり、言いたい内容を省略したりするのは、コミュニケーションストラテジーの回避です。

3,母語を直訳したり、母語の語彙をそのまま使ったりするのは、コミュニケーションストラテジーの言語交換です。

4,言語上の問題が起こっても、気にしないように自分を励ますのは、情緒や態度をコントロールすることなので、情意ストラテジーです。

よって、正解は4です。

コミュニケーションストラテジーをもっと知りたい方に下の記事をプレゼント

スポンサーリンク

問5 内容言語統合型学習(CLIL)

CLIL(内容言語統合型学習)は、教科内容を題材とし、内容・言語・思考・協学を結びつけた指導を行います。

よって、正解は2です。

CLILについて詳しくは下の記事

タイトルとURLをコピーしました